而今 純米吟醸 東条山田錦 28BY


いやはやご無沙汰しておりました。
どうも、なじみの店に久々に顔だしたら、一回り大きくなりました?といわれた日誌係です。
ジムでも行こうかマジに検討中。

それはさておき先々週の木曜、10日前くらいから体調がよくなくてですね。
最初はこほんこほん言うくらいで普通に飲んでたし木曜なんかは飲みのも行きましたが、以降は酒飲む気にもなれず3日休肝。
今日もまだゲホゲホなんですが、昨日おとといよりはいいので飲む気です。
風邪ではないんですよね~熱もないしたぶんアレルギー性のものだと思うんですが、医者いったら逆流性食道炎じゃねーのなんて言われちゃって胃薬なんてもらっちゃったりしてね。
いやあ、ちがうでしょ……などと思いつつ否定するのも悪いかなと。
今日なんかは頭の左半分と目の奥痛いしほんともうどうしちゃったのよ急に!という感じです。


まあよもやま話はこれくらいにして而今
去年の9月に雄町を飲んで以来?
しばらくいいかなと思ってたんだけど流れでね……。
最近は能動的に日本酒情報に接してないので、特別なご案内(はーとなんて言われて、まー最近買ってねえし買っとくかってね。
ただの抱きなんだけどね。

この東条&吉川の山田錦純吟50は去年からだよね?
まずは白の東条から。
黒の吉川もあるよ。
飲み比べやっても違いが分かる気がしないので、普通に1本ずつやります。
去年店で飲み比べてたはずだけどどうだったかな……思いのほか差があったような気がしたようなそうでもないような。
火入れです。



20170925_193428~0120170925_193413~01


頂いてみましょうか。

あれえ、なんかちょっとイメージ違うな。
いわゆる一つの而今臭、ではありますがフルーツキャンディーミックス的なチャーミングさ。
別にケミカルでもパフュームでもなく、いやな香りではないですよ。
あくまでニュアンスとしての話。


そして味わいはまた思いのほかクリアーですね。
いやまあ火入れだし当然っちゃ当然か。
甘みのボリュームは低めだし、全体の味わいの幅も細め、きれいめ。
少し落ち着いてはいますが、酸がハッキリとあって、キラキラとハイトーンの輝き。
そこに前述のややポップな香りが乗ってくるイメージ。
香りで繊細な甘みを増幅するタイプ。

旨みはどうでしょう。
旨みも当然強くは主張してこない。
しなやかで隠れたる芯の強さみたいのはありますけどね。
ほっこりふっくら感じやすいものではなくて、やや粉っぽくぐっと固まったような。
なんとなく寝かせてもうひと化けしてくれそうな気もしなくはない、山田錦だし。
ただし全般的には潤いのある酒質、テクスチャー。
まだ硬い様な旨みを余韻まで引っ張りつつ、キレ感は相変わらずスッと潔いフィニッシュ。


まあこんなところかな。
口開け、ちょっと冷たいこともあるのですがちょっと硬い印象。
超すごい!とはならないですが、まあそこそこ良い仕上がりで光るところもあるという最近の而今らしい仕上がりでしょうか。
僕が飲んだ数少ない中ですが、最近いいなと思った而今って27BYの雄町の生までさかのぼるかな。
今期なんかこれしか飲んでないけどさ。

あーでもこれも温度上がって開いてくるとなかなか。
而今なんですが、火入れの少し大人しいところをフルーツキャンディー的ちょこっとポップな香りが引き立てる。
最近は特にクリアーだなあと思うことの多い而今ですが、これはその中でも抜け感見晴らし空気の澄み方はピカ一のほうですね。
酸を表立って強く感じるわけではないんですが、澄んでキラキラハイトーン。
わずかながらしっかりフルーツの甘みも感じさせつつ。
表面はふっくらした柔和な表情も見せつつ、真には頑なな勁さ(宮城谷昌光リスペクト)も感じる旨み。
ちゃんと最後まで繊細ですが、ポップなフルーツ香があります。


いいですね、はじめはアレでしたが2杯目以降は秀逸です。
個人的にはもう少しスプラッシュ的勢いと甘みのハッキリある生の而今が好みですが。
これは全然悪くないです、いやむしろ好きです。
而今的なエッセンス(独特のフルーツにちょい穀物もあるような派手過ぎない甘さとかクリアーさ、たおやかさとスパッと潔いフィニッシュ)を火入れとしてしっかり昇華しています。
素晴らしいクリアネスと瑞々しさに、きちんとチャーミングでフルーツな甘み感、いい意味でのカジュアルさ。
いやこれはどっちかというと而今の中ではカジュアルではなくて高級、作品性志向ですけどね。


これがっ、あの而今……ッ!!と過度な期待を抱いて飲んだらどうかわかりませんが。
やっぱりいいお酒だなあと思いますね。
どうしよっかな、吉川でテロワール比べをするのも良いけれど。
せっかくもう1本あるし寝かせてみるのもまた一興かな。

しかし病み上がり(てか病み中)だからか久しぶりだからか知らんが酔うのめっちゃ早ぇ!!
これではとてもボウモアなんてたどり着けそうもない、つか夢のまた夢!
いい状態のうちに飲んでおきたいんだけどなあ。
そしてごめんなさい、積んでるコメントは今日は返せそうにないです……。


2日目。
ちょっと収れん性がというか、ちょっと苦い様な、少し引っかかる気がしますね。
クリスタルクリアーに、雰囲気だけいい感じにシロッピーで洗練された感じはあるんだけどな。
すこし苦みが出やすいというのはこういったクリアなお酒には割とありがちだけど。
まあわずかなんでね、温度がちょうどよくなって甘み感が膨らんでくればそこまで気になりません。

しか去年の印象とちょっと違うなあ。
シロッピーさはなんとなく記憶にあるんだけど、こんなにクリアだったかな?
酸のキラキラ感は今日も健在。
だんだんシロッピー。
而今っぽいしっとり感もあるんだけどね。
やはり見るべきところがあるお酒ではあるのでした。


10月7日。
1合満たない程度残しておきましたがさて。
いいね。
大吟っぽく、また而今っぽいと思う。
マスカットやメロンのような香りがはっきりとでていて、甘みも濃密さを増している。
少し苦みがあるのは日数のためしょうがないが、一方で甘ダレはしてないですよね。
たとえば十四代なんかだと、ふにゃふにゃっスカスカってこともあったんだけど。
しっかり腰の据わった深度のある、ややカシスとかそんな雰囲気もある甘み。
それでいて甘すぎず、酸のきらっとピュアさは健在。
而今も最近少しきれいすぎる気もするので、強なんかは僕はかえってらしいかなあと思います。








Tags: 

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 日誌係
  • URL
Re:


ご心配をおかけしてスイマセン……ありがとうございます!
再度病院に行って薬をもらってきました。
なんとなくバリバリ効いている気がするので、3日もすれば復帰できそうです。
もう今も飲みたいくらいですが(笑

今しばらくお待ちくださいませ。

Leave a Reply










Trackback