新政 桃やまユ 2015



ブームもひと段落したかな?という新政。
ちょいちょい買いためてきたものもあるので、そろそろ開けていこうかなと思っていますが。
その前に先日酒屋で見かけてつい買ってしまった、今年リリースのやまユです。
買わないとか言ってたんだけどね。

ブームに対するカウンターで新政ダサいみたいなのが日本酒マニアなんだけど一周回ってそれがダサい。
そんな風にも思う。
ここ最近ブランディングのための縛りプレイが過ぎるというか、理念が過ぎてつまらなくなってる感じはありますよね。
ブームも落ち着いたし少し肩の力を抜いて、それこそ昔のやまユ見たいなの出してくれないかなーなんて期待しているんだけどね。

そういえばちらっと小耳にはさんだのは、亜麻猫、陽乃鳥、天蛙の変わり種3兄弟あるじゃないですか。
あれが実は四神モチーフで、足りなかった最後の一つを来年ついに仕込むかも、みたいな話は聞きました。
見えざるピンクのユニコーンだすとかって話もあるしまあ今後も注視、とはいきませんがチラ見くらいはしていきましょう。


話がそれました。
今回のは改良信交40、27BYを1年半ほど冷蔵熟成したのちリリースされたもの。
木桶仕込みです。
カラーズは今後全部木桶にしてくみたいですね。
つかいつの間にかカラーズが火入れ、No.6が生ってことにになってたのね。


20171002_232138~0120171002_232203~01


どれどれ。

独特ですね。
より木桶由来のフレーバーがはっきりしているような気がします。
ぼくはこの手の香りは割と好物なので好印象。
ちょっとブドウっぽい、あるいはイチゴかな。
ダイレクトに木っぽい香りでありつつも、そこに違った雰囲気もあるという感じ。
このお酒、この何とも言えないニュアンスが主役です。

これ生もとなんだっけ。
味わいとしては相変わらずライトですよ。
芯に熟成による深みは明らかに感じますが、表面に出てくる甘みとかはむしろ小ぶりにきゅっとまとまって一体感。
その中で酸のゆったりとした広がりは最近の生もとっぽくもあり、なかなかに表情豊かで好ましい。
その渦中でもとにかく良くも悪くもハッとさせられるのは香りですよね。

うまみは元がきれいで軽いお酒なので、ここにきても強くは主張しません。
ただし淡白ですが奥に脂のってきてる感はありますね。
植物的、アボカドとかシアバターなんてイメージがわきます。
そこにまたしても香りのニュアンス。
そして何とも言えない深み。



なかなか好きですね。
まだまだ寝かせていけるお酒。
何度も言ってるんですが、最近の新政はいささかライトすぎる。
だからこそ寝かせたものは僕は好きです。
あれがビオでオーガニックで、また日本酒は濃すぎると感じる人には違った世界を見せてるわけですが。
つか今でこそもっと軽い生もとなんかもありますが、そういったのを正面切って大きく発信してきたのがこの蔵でもあるのよ。

しかしかなり面白いね。
やはりただのウッディじゃなくて、フルーツ感をまとっていますよ。
そこに乳酸的ミルキーさありの、かすかにタニックというか、洋酒っぽい深みの演出。
すそ野の広い、しなやかな酸。
温度があってくるといい塩梅に蜜っぽい甘さも出てきます。
それいて抜けのいい軽さ。
コレ、結構いいよん。


3日目かな。
しかしコレ、美味しいねえ。
これを大したことないというのは無理がある、ダサい。
やはり香りですね。
フルーツ香があり、それは微妙に白だったり赤だったり黄だったり、あるいは可憐な花々。
基本は白ブドウ系だと思いますが、微妙な木のフレーバーとの相乗効果ではっとさせられるフルーツ感。
すこしブランデーっぽいようなところもあり、繊細なフルーツパウンドケーキ。
いやそこまでスイーツな仕上がりじゃないけどね。

全般にはまだまだライト&ライトですが。
それでも熟成によって育っている柔らかい乳酸菌飲料的甘みと。
これも木の成分なのかややタニックな立体感。


10月7日。
何日目よこれ。
すこし温度高め、常温に近いとこで。
やはりこれはすごい。
やまユで出したのも納得です。
ふわっと柔らかく豊かに、木の香りによって抽出されたようなフルーツ。
柔らかい。
ブドウでも白だけじゃなくて、少し黒や赤のニュアンスで、普通のブドウっぽさも。
鮮やか、色彩の豊かな含み香。
そしてややミルキーに、スイートで果実の蜜のようなニュアンスの甘み。
じわっと濃いのではないが、ジューシーだけとしっかり手触りのある、軽快なだけでない味わい。
クリアーですが程よく乳酸というか。

これ一滴も残さす時間をかけて完飲させていただきました。
それほど飲んでないですが、近年の新政の中では素晴らしい出来だと思います。
買えるならもう1本買ってもいいくらい。
よくよく見返してみると、そんなに飲んでないけど結構好印象なんだよな。
陽乃鳥オーク1年熟成、白やまユ1年熟成、亜麻猫中取り。
寝かせ新政は僕は非常におススメです。
その中でもこれは風味の鮮やかさにおいて非常にに秀逸でしたね。
No.6じゃなくて木桶ものを寝かせるといいと思います。
カラーズでちょっとレアっぽいの見かけたらかって1年くらい家で寝かせればいい子に育つと思います。




Comment

Leave a Reply










Trackback