根知男山 純米 五百万石 無濾過生原酒 28BY


以前やってよかったプレミアム雪見酒を今年やったらイマイチだった根知男山。
プレ雪はわりと華やかめで根知男山としてはあまりらしくないお酒。
もう1本もうすこし本筋に近いんではないかというお酒を買って寝かせておきました。

五百万石60の純米ですね。
お米は根知谷の一等米。
どう育っているのでしょうか。
五百万石の生なぶんだけちょっと怖いです。



20171008_225939~01


やや緩めの冷やしで。

おお、これは旨い。
良く育ってますね。
昨年12月のリリースで、そこから我が家のレマコムで氷温熟成したもの。
これだとリリース直後に飲んでもOKだったかも。
もちろん今飲んでも生のひやおろしとしてグッドな出来栄え。

バナナ系の甘い香りに、またまったり円やかに育った甘みがたっぷり。
熟成香は、わずかにナッツのような香りが出てるかな。
嫌なところまではいってない。
これ以上は危ないかも。

甘みたっぷりでふにゃっとはしてますが、破たんまではいっていない。
結構ギリギリのとこですが。
かすかにフレッシュさの残滓があり、酸ももとから強いお酒ではなくむしろ低酸な銘柄ですがしっかり生きています。
ややビターで、すこし生の熟成にありがちなフィニッシュのところの雑みエグみっぽいエキス感が少々。
これ以上いったらつらい。

しかしあれですね。
しぼりたての時期の生は、けっこう甘み味わいありで出してくるんですね。
もうちょっと静かなイメージでした。
ハイクラスも久しぶりに飲んでおかないとなあ。

ただ随分育って入るんですが破たんしてないのはペラくないから。
チャーミングな甘酸の表情や、つるっとキュートで澄んだ酒質の残り香も感じさせつつ。
しっかり全体がまったりというか、ちょっと下半身の肉付きがいい女の子的な。
全体に脂がのって、崩れてはいないというところです。


一口飲んでお燗がよさそうだなあと思ったので、お燗。
熱めかな。
いいですね~甘みたっぷりほっこり系。
甘みが強いので、もう本当にアッツアツからで良いと思います。



Comment

Leave a Reply










Trackback