【112】宮寒梅 純米大吟醸 蔵の華40% 無濾過直汲み 生酒 24BY

宮城の宮寒梅
純大の直汲とえらい高スペックなのに1升3600くらい。
すてきなラベルに「一杯で旨い酒」という挑戦的なフレーズ。


地元で契約栽培したものという蔵の華は宮城県の酒米。
HPによると蔵で使用している酒米のほとんどは自社田での自家栽培米。
四季醸造の設備も整っているみたいで、なかなかに野心的な新進気鋭の蔵元なのです。








お、これは華やかに香ります。
トロピカルフルーツ、ベリー、メロン……うーんトータルではマスカットが一番しっくりくるかな。
華やかなれど嫌味はなし。

含むと華やかな香に、コクのある甘み!
これは(・∀・)イイ!!

ガス感は極々わずかに感じるレベル。
綺麗な酸が溶け込みフレッシュだが、しっとりとした質感が極めて純大らしく品が良い。

ミルキーな旨みは柔らかな膨らみながら、伸びやかでしっかりとしたボリューム感、僅かに苦渋。
甘みとの一体感があります。
そのまま酸のラインにのってスムースに柔らかく流れ、生らしいアクセントでフィニッシュ。
綺麗なさばけ。
甘やかなお米の旨みが素晴しい余韻。

これはわかりやすい!
凄く美味しいです。
この価格でこの味わい、質感、完成度は安い!!
甘みを軸にしたまとまり、バランスがよくスイスイ入るので飲み過ぎ注意です。

本当に、梅や桜が咲き始める春の柔らかで甘酸っぱい、どこか気だるいような空気感を想起させる味わい。

これは1本でファンになりました。
フルーティ甘口でしっとり系が好きなら絶対に飲むべき。
今期もう1本くらい飲んでおきたいかなあ。

実は東京では取扱店が少なく入手困難だったりします。
これはマジで来るよ!




Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

Leave a Reply










Trackback