【118】伯楽星 純米大吟醸 おりがらみ 本生 24BY

このお酒をいただくのは3期連続になります。
今年は愛宕の松の純吟おりがらみにしようと思っていましたが。
なんとなく飲み頃を逃してしまい。

時に伯楽星らしくないと称される純大おりがらみ。
ですが『らしさ』に華やかさが加味された素晴らしい1本だと思います。
伯楽星は年末に残響をちょこっといただいた以来。





最初から撹拌していただきます。
みずみずしいフレッシュなバナナの立ち香。

含むと甘やかなバナナ香。というかマスクメロンですね。
クリアーで清らかななのにほわほわ柔らかいタッチ。
瑞々しい酸が輪郭をつくり。
優しく、まるで本物のバナナのような甘みが穏やかに膨らむ。
シルキーな旨みとのバランス!
キメ細かい果肉のような質感。

すーっと滑らかに引き、ジューシーな苦渋&酸。
たおやかに、すっきりと切れます。


いや〜本当に美味しい。
去年より更にイイ!!
移転で水が変わり、よくなったのでは?と感じた昨年。
今年は新しい環境に慣れたのか抜群の出来。

清らかさ、爽やかな透明感。
それを妨げずに柔らかさと甘やかさをプラスするオリ。
そして4割の純大という上質感。


これは、日誌係イチオシ。
食中酒でも、酒オンリーでも。
飲まないと損しますよ!
逆境を跳ねのけ素晴らしいお酒をつくり続ける蔵元さんには頭が下がります。



Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

Leave a Reply










Trackback