FC2ブログ

日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

【984】楽器正宗 本醸造 無濾過中取り 29BY

日本酒
  • comment0
  • trackback1

福島県西白河郡矢吹町、大木代吉本店。
こないだ自然郷をやりましたが、同じ蔵です。
こっちのラベルのが外連味とインパクトあっていいのに。

SNSなんかでこっちのが評判よくてけっこう流れてきてたもんで。
自然郷も正直僕のやったBIOはいまいちだったんだけど、他のほうはわりとよかったなんて話も聞いてますし。

楽器正宗は安い価格の本醸造です。
これは中取りだから1140円だけど、普通のは1080円かな。
ようやく世間的にも本醸造(アル添)に対するあんま良くない酒なんでしょ?みたいなイメージがなくなってきたのかな。
純米教のバカが駆逐されつつあるのは本当に良いことです。
まあ値段だけで評価されるってのは俺は複雑だけどね~美味い酒は金取ってほしいし。
でも蔵元の努力は評価します。

麹60掛70でお米は夢の香という話?
表記はないので何使ってるかは知りません。
無濾過中取りの火入れです。
1回火入れなのかな?






あーこれは正統派な仕上がりですね。
やや酸味が特徴的かな?
文句なしに旨いっす。
派手系ではないので美味いという評価になりますが、非常に適切に旨いです。

極わずかに微炭酸が残ってるかな?
バナナ系、純米的なスタートです。
甘みが、程々にきて最後まで続くのですが、ちょうどよいサイズ感。
エキスっぽすぎず、微量のガスのせいもあって、ややさらっとドライな表面の仕上げ、粒立ちが心地よい。
中取りのせいなのか、まったり系の味わいもあるんだけど、抜け感はクリアー。

そこに酸味が絡むのですが、この酸味はわりと陽気なキャラクター。
ちょっとだけどパインとか南国的な果実のはじけるニュアンス。
陽キャ、陽気だ。


まあ旨いですね。
もうひとキレ欲しい気もするけど、まったりもある分ね。
自然郷BIOなんかよりこっちのが全然いい(笑)
味の長いタイプというより時間軸はつまって、やや甘しょっぱいようなとこもあるか。

とにかくバナナ系の甘みがきれいに出て、横に少し特徴的な酸が好ましく絡み。
極々微量のガスを残したのと、本醸造っぽさなのか低精白なのか程よいドライさがいいアクセントで立体感をつけてます。
そんなに辛いって感じではないですが、程々にその手のアクセントはあります。
こなれてくるとやや甘みが広がってくるので、もうひとキレ、あるいはガスなんかほしいなとは思う瞬間もありますが。

本醸造がどうとか、価格がどうとか関係なく、普通に美味いです。
ハイランクって味わいではないですが。
いいと思いますよ。

まあキモい酒オタの上から目線でいえば、やっと追いついてきたか?ってことですよね。
多少甘み酸は主張強く今っぽいですが、僕の印象はわりかし正統派、王道を行く良いお酒ってイメージで。
ドライな味付けなんかはかつてからある、王道の良くできた感じで。
美味しいんだけど、これをすげえ!とか言われると、なんかニヤニヤしてしまう。
お前もかわいい奴よのう、的な。
やっとお主もここまで来たか的な。


でも2000円そこそこというのはすごいですね。
表情も結構変わります。
ベースにバナナアミルはありますが、酸味がいまっぽいききかたで。
ラムネとか、ブドウもあるんですよね。
バナナ、次いでメロン、そこに白ブドウ&グレープフルーツ的な流れかな。
宝川や澤屋なんかにも通じてくる。
まったり甘いか?と思わせつつも、清々しさ、爽やかさ、ほどよいビターもある。
辛いというよりはミネラル香、そこからくる金属ぽさもあるクリーミィさ。
縦方向にそり立つ断面の立体感。
そこまで激しくはないけど。


いや美味しい。
どうぞどうぞ。
アル添が、辛いまで行かない、気持ちの良いアクセントになってますね。
それなりに今っぽくきれいに甘みが出てるから、これまでそこ意識してない人にも感じてもらえるんか。
僕が言うところの粒立ち感、舌への気持ちの良いアクセント、キスのような。
やっぱ個人的にはもう少しすっきりしてくれりゃあ完璧。
ただまあ価格考えたら素晴らしいですね。
でもね、こういうお酒に倍出してもOK、ってのがほんとの酒好きですよ。
こんな日本酒飲む層が安いの最高!とかいってたらヤバいですよ、日本酒業界も日本も。


んーパイン。
うーん、乳酸的な雰囲気なのかな?
こうなると、もうひとクセ乳酸きいてもいいな。
とにかくこりゃいいね。
いろんな人を受け入れる素養があるし、飲み進めていい。
自然郷とは何だったのか(笑)

やっぱ乳酸感あるんだな。
素晴らしい。
いい本醸造は本当にいいからみんな飲んでね~。
あ、いやほんとにいい本醸造は逆に貴重だから飲まないでいいやw


2日目。
やっぱりいいね。
ドライな演出が絶妙。
甘みも、酸の僅かなニュアンスも絶妙。
うまいっす。
もう少し甘くなくてもいいのになーと思う反面、これくらいでいいかという気持ちも。






Comments 0

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  楽器正宗 本醸造 中取り
  • 家飲み記録 楽器正宗 本醸造 中取り      福島県西白河郡矢吹町のお酒です。  この銘柄はブログでの登場は初めてですが、外飲み経験等は有り、詳しくは後述します。    同蔵の「自然郷 SEVEN」という銘柄は既に2回紹介しています、この楽器正宗は同蔵の地元銘柄というやつですね。  実はこのお酒は、先日参加させていただいた「第4回お酒ミライオフ会 闇鍋日本酒会」で出会っ...
  • 2018.07.06 (Fri) 19:02 | 酔いどれオタクの日本酒感想記