日本酒感想日誌

今日のんだ日本酒の感想・テイスティングリポート・評価。

日本酒感想日誌は、家で実際に飲んだ日本酒の味わいを、リアルタイムで飲みながら更新するブログです。

【142】玉川 アイスブレーカー 純米吟醸 無濾過生原酒 24BY

 18, 2013 17:58
夏のお酒が出回る時期になりました。
そんな中でも屈指の人気を誇る1本です。
英国人杜氏フィリップ・ハーパー氏が釀すロックで飲む日本酒。
商品コンセプトとこのパッケージデザインは秀逸。


DSC_0011~01

DSC_0019~01

まずは普通に冷やして。
香りはバナナ香が控えめに。
日本酒らしい、純米酒的な香りといったところでしょうか。

含むと…ぐっと凝縮感のある濃いめの旨み。
甘旨酸がぎゅっと舌の真ん中に集まるような感覚です。

ただ想像していたようなとにかく濃い、というわけではありません。
純米吟醸を名乗るだけあり、綺麗さがあり、バナナの含み香りもなかなか華やか。
普通に冷やで飲んでもアリですね。



つづいてロックで。
ほのかな甘いバナナ香が清々しく香ります。

含むと…おお、日本酒です!
素晴らしいバランス。
味がぼけることなく、ちゃんと日本酒です。
冷やのときに感じた凝縮感がぱっとほどける。
そして冷え冷えだけどちゃんと日本酒、という奇跡のバランスに。

柑橘のような酸、食欲を掻き立てるようなしっかりとしたコメの甘旨み。
バナナにだけでなくブドウや枯れた干し草のようなニュアンスも。

すこし氷が溶けてきたくらいが最高。
するーっと心地よく流れます。
溶け具合による味わいの変化がまた楽しい。

これは素晴らしいですね。
イロモノではありません。
正統派の日本酒の味わいを現代的に昇華した傑作です。

いささかアレな表現ですが、これを造ったのが英国人というのは悔しいなあ。
いや、日本人でないからこそ、なのでしょうか。


今の時期にはもったいないかな。
本当に暑い夏の盛りに、気どらずに。
気のおけない仲間とどうぞ。
食欲をかきたて、夏バテ解消になること間違いなし!


でもこれ、燗つけたらどうなるんだろう……。

Tag:玉川

COMMENT 0

WHAT'S NEW?