日本酒感想日誌

今日のんだ日本酒の感想・テイスティングリポート・評価。

日本酒感想日誌は、家で実際に飲んだ日本酒の味わいを、リアルタイムで飲みながら更新するブログです。

【175】日高見 純米大吟醸 ブルーボトル 24BY

 24, 2013 21:00
ブルーボトル対決後編。
宮城県石巻市の日高見
こちらは特A地区、旧東条町松沢産の山田錦仕様です。

近年人気急上昇中の蔵ですね。
魚や鮨にあわせるイメージも定着しつつあります。
この商品は昨年からだったかな?






立ち香はほどほど。
メロンやトロピカルな香りがゆらっと。
すきっとしたところもあるかな?

含むと立ち香よりやや華やか含み香がふわっと。
食の邪魔にならない程度のボリュームだと思います。

しっとりとしたタッチにクリアーな酒質。
やや抑制気味の優しい甘みに澄んだ明るい酸。
決して派手ではありませんが絶妙の華やかさ。
やさしく舌に馴染んであとを引きます。
芯が澄んだ酸で輪郭が甘みのような?
意外と珍しい印象です。

やはり特A山田の高精白。
しなやかで品の良い旨み。
美しく膨らみながら、うざったくなる前に収束。
なめらかな舌ざわりそのままに抵抗なく流れます。

さすがに良く出来ています。
食を妨げないバランスが秀逸ですね。
舌にさっと広がる優しい甘み。
華やかさとを加味する明るく澄んだ酸。
後半やや苦みがありますが、これは計算かそれとも……。
5月瓶詰めですからなんとも。
極わずかに熟成のあとも感じるような。

素晴らしい美酒かと。
お買い得です。
これ以上のクラスになるとうまいのは当たり前。
あとはスムースさと芳醇のバランスをどこに置くか。
そして嫌な雑味をどう抑えるか。
舌触りや伸び、余韻など。
微妙な差、好みによる所が大きいですね。

多くの蔵元に支持される特A山田。
そのポテンシャルを十二分に味わわせていただきました。


2日目。
昨日よりよいですね!
マジでいいっす。
ソフトな舌触りにメロン系の香味。
瑞々しさあふれる酒質。
ほのかな甘みが染み渡り、するーっと。
余韻までパーフェクトです。
この値段は安い!!

Tag:日高見

COMMENT 0

WHAT'S NEW?