豊島屋酒造の蔵開きにいってみたの巻

東京都東村山市にある豊島屋酒造さんの蔵開きに行ってきました。
近年は屋守が有名ですが、本来の銘柄は金婚。
明治神宮の御神酒を造っているのもココです。



大盛況で会場は総飲み会状態。
あちらこちらに試飲ブースや購入ブースが。
僕はお酒片手に蔵内を見学することにします。




最も古い施設の土蔵蔵。
貯蔵中のタンクが並びます。




こちらは仕込み真っ最中の仕込蔵。
蔵内はひんやりとしており、13度ほどに保たれていました。




タンクの脇にはこんなものも。




仕込蔵の出口には瓶口取りの試飲ブースが。




蔵の資料展示ブースもありました。
1/4ほどが屋守になってるんですねえ。





あまりのカオスに早めに退散。
もうちょいゆっくりしたかったですが。

1升1万の大吟が紙コップになみなみで550円はびっくり。
樽酒の升提供なんかも良かったです。
試飲だけでもほろ酔いなんですけどね。

25BYの屋守も楽しみです。
あちこち蔵見学いきたいなあと思った日誌係でした。


Comment

Leave a Reply










Trackback