【189】田光 純米吟醸 雄町 無濾過中取り生 25BY

このお酒、全く同スペックを今年の4月に飲んでます。
その時は3月出荷の24BYでした。
今回は新酒しぼりたての25BY。
その辺の違いはどうでしょう。

しかしこの時期の雄町は珍しいですよね。







香りはほどほど。
なんていったらいいかな〜。
果実様の香りもあるんですが。
米を溶かしたような甘いかおり?
王祿とかあっち系の香りですな。

含むと甘みのインパクト!
くにゃっと歪んだような、大きい粒でドロリと。
舌の脇、奥までぐっと入ってくるような甘み。

新酒ですががっつり溶かしてきましね。
旨みのとけこんだ甘みがインパクト大です。
この時期だから特にね。
しかし随分4月とイメージ違うぞ。

口当たりはやわらかく滑らかです。
ここらへんはさすが中取り。

甘旨酸が溶け合って旨口濃醇。
重さが絶妙で新酒なのでもちろん重くはない。
この系統は軽すぎると苦手なんですがいい塩梅でやや軽。
ずぱっとキレるタイプの味わいではないですがつるりと流れてくれます。
新酒らしいカドもほぼ感じないレベル。
ややじーんと舌に響くでしょうか。


んんんっ!
ちょっと落ち着いてきたぞ。
まず、以前にも感じた滑らかな潤いがありますね。
こなれてきて中取り、さらしい綺麗さも感じられるように。

リンゴ+バナナ+旨みって感じなのかなあ。
まろやかな甘やかさと旨みが素晴らしい。
たしかにこの延長線上に4月に飲んだ味わいを感じますね。
まろやかで綺麗で甘旨みたっぷり。

すごく丁寧に造られたことが伝わってきます。
面白い、地方の小さい蔵ならではのお酒かもしれません。
おいしい、楽しい。
今後も注目です。


2日目。
昨日よりぐっと軽やかに。
昨日より断然良い!
口溶けよく、優しい甘みがすっと気持ちよく。
冷やすともたつきもありませんね。
うるうると、梨やリンゴのようなイメージ。
これ、やっぱ年跨いだくらいがまとまるのかな。
これうまいっす。
のむなら早めに栓抜いたほうがいいかも。



Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

Leave a Reply










Trackback