日本酒感想日誌

今日のんだ日本酒の感想・テイスティングリポート・評価。

日本酒感想日誌は、家で実際に飲んだ日本酒の味わいを、リアルタイムで飲みながら更新するブログです。

【219】丹沢山 純米吟醸 たれくちの酒 生原酒 25BY

 17, 2014 22:26
今となってはのほうが有名?
神奈川県の川西屋酒造店さんから丹沢山です。

ちゃんと飲むのはほぼ初めて。
世の中には不思議と縁のないお酒があって。
酒屋さんや居酒屋さんで見かけるのになぜかあまり飲まないという。
それが僕にとっては神奈川のお酒だったりします。
相模灘、天青、いづみ橋、蓬莱、そしてこの丹沢山
今年は神奈川のお酒も飲んでいくぞ!!
というわけでいづみ橋に続く神奈川酒です。

スペックは裏ラベル画像参照。
うっすら瓶底におりが沈んでいるので撹拌していただきます。


DSC_0269~01

DSC_0275~01


セメダイン系の立ち香ですね。
酸も感じジューシーな印象。
感じようによっては青りんご?

含むと……あ、なるほど。
うっすら仄かな甘味から豊かな米のうまみ、厚みのある酸。
新酒らしいパンチもありますが、柔らかさほっこり系。
わずかな辛味とともにすっと美しくキレ。
旨いです。


これはゆっくり時間をかけていただきましょうか。
燗も面白いかもしれません。

飲み進めるほど、スムースで優しい口当たりと仄かな甘さが好ましい。
ミネラリーかつ果実味あふれる酸。
やや骨太な米の旨みとの調和。
キレの良さ。
これは旨いですね。

これもいいですが、もうちょい落ち着いてきたころが美味しそう。
夏~秋の火入れを常温からぬる燗で、みたいな。
食中酒としてばっちり!

お気に入り度は4.2/5.0で。







Tag:いづみ橋 丹沢山

COMMENT 0

WHAT'S NEW?