日本酒感想日誌

今日のんだ日本酒の感想・テイスティングリポート・評価。

日本酒感想日誌は、家で実際に飲んだ日本酒の味わいを、リアルタイムで飲みながら更新するブログです。

【222】黒龍 火いら寿 大吟醸純米 生酒 25BY

 01, 2014 18:46
なんとなく久しぶりに黒龍でも飲むかなと。
なんとなくで飲むには高いお酒ですが。
八十八号以来ですね。

石田屋、二左衛門、八十八号、しずくとハイクラス充実の黒龍
生酒の最高峰がこの火いら寿になります。
この商品名はかなり良いセンスですよねえ。

スペックですが、当然東条産の山田錦になります。
磨きは35パーセント。


DSC_0285~01

DSC_0290~01


爽やかな吟香。
薄めた完熟リンゴ、フローラルなニュアンスも。
ガンガンに香るわけではなく、非常に繊細。

含むと……ああ、黒龍だなあ。
クリアーで柔らかなタッチから仄かな甘さ。
あくまで穏やかに、フレッシュな果実様の酸。
絶妙なボリュームの旨みが後を引きます。

特筆すべきは、心地良いほろ苦さ。
ここら辺は極めて日本的ですね。
ただこれが無くなって旨みだけが残ると……?
そっちのほうがいいですよそりゃあ。
ただこの瑞々しさは今このときだけのものでしょうね。
さらりとした舌触りでスムースに流れ、爽やかな余韻。

非常に黒龍らしい。
5000円とれるお酒です。
水のような流れにしっかりと深い味わいがあります。
お酒だけでいつまでも飲んでられるような純大ってなかなかない。
しかも生。
それでいて華やかさもありますから。
ものすごーく繊細ですけど。

黒龍のハイクラスの中では入手が容易です。
機会のある方は一度飲んでみて損はないかなと。
お気に入り度は4.2/5.0

二日目あんまりよくなかったので4.2に修正。


Tag:黒龍

COMMENT 0

WHAT'S NEW?