【257】雅山流 極月 純米大吟醸 袋取り 25BY

こちらも久しぶり、雅山流
ブログを見返すと第9回以来ですね!


レギュラーのラインナップとしては最高峰の極月。
出羽燦々40、一火の純米大吟醸。
それにしては安いお酒で、1升5000円以内で買えます。

DSC_1119~01

DSC_1123~01

い~い香りですね。
南国系の果実やメロンのニュアンス。
これぞ吟醸香。
抜栓直後の低温でもしっかりと、すっと抜けが良く綺麗に香ります。

やはり含み香も素晴らしいですね。
濃密な果実様の香りがふっと綺麗に。
柑橘や巨峰も感じるかな。

柔らかく滑らかな舌触りに、引き締まったボディ。
一拍おいて、とろりと上品な甘味がほどけます。
じわじわと芯の強いしなやかな旨み。
出羽燦々らしい(勝手なイメージ)やや高めの酸が引き締めます。
優美な全体のライン。
僅かに辛みを感じさせるキレ。
長い余韻。

これはコスパ最強クラスでしょうね。
非常に良質な純大です。

これちょっと落ち着いてくるとすごいですよ。
上品な質感の華やかさがたまりません。
綺麗で濃密な甘み。
んでもってかるーい。
これはちょっとすごい。
これはスペシャルです。
4合で4000円とらなきゃダメでしょう。

また酸が柔らかいんだけどフレッシュで。
本物の果実のような。
綺麗な酒質とマッチ。
澄んだ顔も。
いんですわ。


なんで俺はこんなに長期間飲んでいないのか。
意味不明。

お気に入り度は4.6/5.0
また最近インフレぎみ?




抜栓6日目。
ここまで開いてしまった事情は次の記事をご覧ください。

本題。
熟れ熟っれな香気。
まったりまろやかな口当たり。
深い味わい。
旨みに、少しざらついた苦味がアクセント。
これがいいんだまた。
タンニンっぽいんですよコレが!
いい赤ワインみたい。
強いですね~崩れません。
これはほんとにいいお酒。









Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

Leave a Reply










Trackback