【269】くどき上手 純米大吟醸 播州愛山 25BY

わたくし日誌係にとって相性の良くないお酒があるとすれば、くどき上手はその類です。
華やかな酒質で屈指の人気を誇る銘柄。
とうぜん何度かいただいたことがあります。

ところがあんまり美味しいなあって思ったことがない。
もちろん悪くはなくて、評判や人気ほどにはという意味です。
家で飲んだのは2011年に雄町44、出羽の里44を飲んで以来。

またブラインドの試飲会で飲んでも、やはり私の採点は他の人の評価に比べると低くでる。
他の銘柄はある程度わかるなあって思うところがあるんですけどね。


前置きが長くなりましたが、そんなわけで今回はリベンジ編。
周囲の酒好きにおススメを募った結果の、愛山48チョイス。
愛山、個人的に好きなお米ですしね。
お米の違いが分かるなんてアホなことは言いませんが。
とにかくこれが合わなかったらもう3年はくどき上手を飲むことがないでしょう。


DSC_0980~01

DSC_0989~01


立ち香はメロン、なんですが乳酸飲料のような酸も。
すこしたつとアルコール感もやや。

おや、含むと思ったより綺麗です。
ライトな甘酸っぱさ。
軽いですね。

愛山にしては控えめ。
やはり酸がけっこう高くて。
柑橘に乳酸的なニュアンス。
チャーミングです。

後半にアルコールのアタック感。
ピリッと。そしてやや雑味。
キレはいいと思います。

バランスは上手く整えてますね。
スイスイ飲めて良いお酒です。
なんですが……。
やっぱり私のツボには入らないお酒なんだなあと思いました。

まったり円やかな旨みがしっかりありますが。
なんか平坦なのかなあ。
ジューシーに感じないんですね。
でやや雑味が目立つ。
整ってるけど、なんか薄っぺらい。
せっかく愛山つかうならじわっと濃いけど口どけの良い甘味で仕上げてよ。
って思ってしまいます。


悪くないんですよ!
けど例えばよく行く酒屋に、御社で一番売れるお酒なんすか!?
ってきくと、くどき上手っていうわけですよ。
え、ほんとに!?って思ってします。
あれやこれやのほうが安定感もあるし全然いいじゃん、って。

お酒はし好品ですので、造り手との感性が合わないということですね。
こればっかりはしょうがない。
しばらく飲むことはないでしょうね。
とりあえず抜栓後の変化に期待です。



しばらくたって。
果実味、甘さがより感じられるようになってきました。
円やかで、柑橘+乳酸な酸はカルピスオレンジ?
さらい含み香のメロンやベリーの甘やかさ。
あーただ今度はアタック感がきついな。
なんか今一歩かゆいところに手が届かないなあ(笑)


ちょっと偏見まるだしなレビューでアレですが。
お気に入り度は4.0/5.0ですね。


2日目。
基本線は変わらず。
巨峰のような含み香。
とろりと濃厚ですが、酸が高い分女性なんかには人気かもしれません。
昨日よりはいいと思います。
揺らぎはありますが。
愛山は別として、ほかのラインナップ見るとコスパがいいのも人気の秘訣なのかな。


3日目、が一番いいかもしれません……と思ったのがひと口め。
甘みに酸味がとけて、綺麗な口どけ。
やはり少し辛さがあるが、これは手放しで称賛できる美酒かと。
明るいトーンで軽い酸がフルーティ。

でも飲み進めると??
なんでなんかね~やっぱボディが弱い。
フルーティだけどジューシーではない。
そゆことかな。


やはり一升瓶はいろんなことを教えてくれますね。
さまざまな味わいの表情を楽しむことができます。
あまり多くの量を飲めない&いろんな銘柄を飲みたい私。
基本は4合瓶なんですが、2日で飲みきりなので、3日目以降は追えません。

Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

  • 一愛読者より
  • URL

>ちょっと偏見まるだしな

そんなことないと思います。
自分の基準が一番、みたいなブログは他にたくさんありますし、
むしろ日誌係さんのは読んでて次のアップが待ち遠しいぐらい好きです。

これからもブログ、末永く続けてください^^

  • 日誌係
  • URL
Re:

ありがとうございます!!
次のアップが待ち遠しいなんて言っていただけるともうテンション上がっちゃいます(笑
これからも頑張りますんでよろしくお願いしますm(__)m

Leave a Reply










Trackback