【281】一白水成 純米吟醸 酒未来25BY

やっと家からの更新。
昨日の朝に旅から戻りました。
久しぶりにゆっくり寝て今日はすこぶる好調です。
更新ネタもたっぷりありましてガンガン行きたいと思います。

閑話休題。
いっぱくの酒未来。
昨年ファーストリリースでその時は簡易的なラベルでしたが。
今年からは正規のラインナップとしての出荷でしょう。
あえてゴールドを選んだこのラベルには、蔵元の自信を感じます。

それもそのはずで昨年の出来が非常に素晴らしかった。
昨年は生だったんですが、今年は火入れなんですね。
実は今年も居酒屋さんでもうすでに飲んでいまして。
その時はSPバージョンの生でした。
これまた素晴らしかったので火入れはどうかと。








いい塩梅の立ち香。
ぽっと優しく甘い吟醸香がたちます。
控えめセクシー。

含むと、あ~なるほど……。
やはり火入れするとこうなるのか。

うるうる潤いのある酒質。
滑らかな舌触りで綺麗です。
全般を通してたおやかな流れが感じられ優美です。

甘みはごく控えめ。
柔らかな酸のリードする流れに、お米のうまみがじんわり。
仄かにバナナやメロンといった含み香。
つぅ~と美しく流れてフィニッシュ。
ややアタック感。

もちろん佳酒ではありますが、やや残念です。
生の素晴らしさが感じられませんでした。
僕が生、甘いのすきってこともありますけど。
生にはジューシーな果実様の甘みや煌めきがあったような。
潤いじゃなくて瑞々しさがあった。
正直物足りない。

あー時間、温度面で変化。
あくまで甘みは出ないけど香りは出ます。
白ぶどう?
穏やかセクシー。
イメージは『花子とアン』の蓮さまでしょうか(みーはー的かんそう)。

お気に入り度は4.1/5.0
来シーズンはぜひとも生で。
ついでにできれば4合瓶で。



Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

自分もどうしても甘味を求めてしまいます。
甘くてキレが良かったら最高なんですよね~。

  • 日誌係
  • URL
Re:

そうなんですよね~。
特に甘みを求めて買ったお酒で甘くないとかなりガッカリしてしまいます……。

Leave a Reply










Trackback