東光 吟醸梅酒

暑くて暑くて、たまには梅酒でも。
東光の吟醸梅酒。
2012年の第6回天満天神梅酒大会の優勝酒ですね。

梅酒界を日本酒蔵元が席巻しております。
天満天神梅酒大会についていえば2013は田中六十五の蔵元がとりましたし。
2011は庭のうぐいすだったかな。








ロックで。

色はうっすら。
見るからにトロリと。

梅の香、はもちろんですが非常に気品があり、独特のコクが。
どことなく麹の風味?
ラフランス?
たしかに。

含むと濃厚で上品な甘み。
かなり甘めではないでしょうか。
とろりとしつつも、軽やかなタッチ、口どけです。


含み香には爽やかな吟醸香が感じられ、これが甘さと素晴らしいハーモニー。
柔らかでジューシーな甘酸っぱさが広がります。
甘く、それでいて爽やかな余韻。

これはさすがに美味しいですね。
かなり甘口ではあるのでロックでちびちびかな?

日本酒党の日誌係ですがたまには梅酒もいいかも?
クソ暑い夏に、酸&ロックの冷たさが心地よいです。
じつはもう1本梅酒があるので、そちらも折を見て。

Comment

Leave a Reply










Trackback