【289】西條鶴 無濾過純米酒 25BY | 日本酒感想日誌

【289】西條鶴 無濾過純米酒 25BY

さて、広島県から西條鶴です。
今年けっこう気になっていたお酒でして。
ほんとは直汲みを飲みたかったのっですが。
ノーマルな純米になりました。

スペック的には中生新千本(なかてしんせんぼん)の65。
千本錦の親だったかな。
酵母はたぶん広島吟醸酵母ではなかろうか。








立ち香は穏やかにメロンやリンゴを思わせる芳香。
ふわっと優しく、適度なボリュームで香ります。
香り的には純吟といってよいレベルかと。


含むと…ふむ。
ファーストアタックでは膨らまず、綺麗に澄んだ柔らかい酸。
ゆらゆらと果実様の含み香。
ぶよぶよとやや粘性のある口当たりか。

ゆっくり味わうと仄かに甘み。
苦みを感じさせつつじわじわと旨み、そして甘みも膨らむ。
甘口なんでしょうが、酸や苦味があるのであまり感じない。
キレはよく、複雑な余韻。
ミネラル感を感じる。
あれっ、でも西条あたりって軟水なんじゃなかったっけ?
硬水まで行かなくても中硬水ってかんじの味わいだけど。
苦渋みがどことなくワインっぽいような?


ちょっと温度が上がってくると甘みが出てきます。
軽く、優しめの甘ずっぱさがふにゃふにゃ。
でも芯にはどしっと苦み走った旨み。
とりあえず今日はここまで。
お気に入り度は3.9/5.0

Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

Leave a Reply










Trackback