【305】川鶴 純米大吟醸 袋しぼり 中垂れ 無濾過生原酒 25BY

川鶴です。

失礼な話ですが正直ぱっとしないなという印象だったのですが。
ことし香川に行って、のんで、好印象でした。
あのへん味がこいというか甘口の文化なんですよね。
そのにおいが感じられるようなお酒だと思います。
というわけで家でじっくりと。

ちょっと面白いスペック。
山田50を麹米に、オオセト45。
麹米のほうを磨かないってのも珍しい。
複雑な原料構成なので当然こだわりあってのことでしょうが、どんな意図かきいてみたい。


DSC_0386~01

DSC_0388~01


バナナや熟れたミカンな立ち香。
ほどほどの香り、でエレガントな装い。

含むと優しいタッチ。
そしてじわっとコクのある甘うまみ。
これこれ、これですよね(笑

しかしこのコクは独特の風味ですね~。
柔らかい酸がさりげなくしっかり絡んで。
あー旨い!!

適度に華やかな含み香。
豊かな旨みがぱっと膨らむが、すっとエレガントな収束。
ほどよい伸びやかさ、よく練れていてこの時期に心地よい味の乗り。

このコク、なんて言ったらよいでしょう。
やや苦味があって、うーん。
紅茶っぽい風味?
嫌な苦み、ざらつきじゃないですよね。
上質なワインのタンニンのような。

どしっと腰が重い感じはオオセトなのかな?
そこに山田で華やかさをということなのでしょうか?
素人なのでよくわかりませんが。


お気に入り度は4.4/5.0
香川は近いうちに再訪したいところです。


2日目。
すっごく派手じゃなくて上品なフルーティさ。
ぱっと初めの広がり方は軽いんだけど。
それが気持ちの良い重み、のみ応えですとっと座りよく落ち着く。
でもってながーい余韻。
余韻は爽やかに。
すばらしい。
川鶴のなかでもフラッグシップ的な商品ですがそれに恥じないお酒です。
今日は昨日にもましてよくて、4.5でもいいかな~と思いました。
Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

Leave a Reply










Trackback