【341】亀の海 細雪 純米吟醸 直汲無ろ過生 26BY



長野県は佐久市から亀の海
のなかでも看板商品?の細雪。

あれこんなラベルだったっけ??
と思ったらやはり今年からリニューアルされた模様。
昨年までは特純でしたがことしからは純吟に。
米の磨きは変わってない模様。

長野県産ひとごこち59。
酵母は9号。
あらばしりから中汲み部分になるそうです。
瓶底にはう~っすらおりが確認できます。



たまには変なアングルで撮ってみました。
DSC_0425~01

DSC_0428~01



一応念には念をということで抜栓後に撹拌。
いただきます。


適度の吟醸香。
そんなに香るわけではいが。
桃やメロンか。


含むと大人しめのガス感。
口に入れて少しラグがあって静かににピチピチ。
これは楽しい。

含み香は華やか。
やはりメロンや桃といったところか。
とろりとキュートな甘みが膨らんで。
でもすっと軽く捌ける。

おりがらみらしい、フレッシュなクリーミィさ。
少しフニフニ、気持ちぽちゃっとしたタッチ。
それがガス、そして口開け直後ということもあるのかちゃんとカチッとしたボディラインで。

お米の旨みもしっかり出ていて。
引きのところで出る酸も素敵ですね。


うん、これですよ~。
このわかりやすさ、カジュアル感。
この時期らしさを安心して楽しめるお酒。
だれにでもお勧めできますね。


ピチピチもいいですが、このとろっとした白桃やマスカットのような甘うまみ!!
うーんマスカット、マスカットですねえ。
たしかに純吟です。

でも口どけよく。
でも酸もあってすっきりごくごく。
新酒のカタさとガスでカチッと締まるボディライン。
いいですね~最高です。
華やかだけどちょっと大人。
ちょいギャル系の名残を残すばっちりメイク24歳美人OLか?
ここまで来ると結構ハデハデ、ばっちりメイク。

とにかくお気に入り度は4.4/5.0
誰にでもお勧めできるお酒ですね。



Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

Leave a Reply










Trackback