日誌係、朧酒店に行く



酒屋探訪シリーズ。
今回はは新橋にある朧酒店です。

こちらのお店、まだオープンして1年ちょっと。
店主の大熊さんはかつて某酒販店に勤めておられた方です。
どうも色々なことがあったみたいでして。
色々なことを聞くこともあるかもしれません。
でも現在のラインナップの蔵元さんが彼を慕って取引しているという事実は何よりも大きいかと。
私は新たなる、素晴らしい酒販店さんだと思っております。



DSC_0227~01


場所ですが新橋駅から歩いて10分くらい?
環2をこえてちょっと行ったところ。
オフィス街なんでちょっとわかりにくいかもしれません。
でも新橋っていう出店の選択はいいですよね。
当然飲食店は多いし。
一般客の集客も十分でしょう。

オサレな外観。
看板のセンスとからしいですね。
新しいお店なので店内も当然きれいです。
十分な冷蔵スペースに、整然と並ぶお酒。
コミュニケーションをとれるスペースもあり、いいですね。
ちょいちょいイベントもやってるみたいですよ。

ラインナップはモダンな感じ。
貴、大那、山形正宗、石鎚、山和、若波、小左衛門……そしてあの蔵。
まあ挙げればキリないですね。
以前勤めていた某酒販店での取り扱い蔵元がかなりの数そのままついてきている。
というのは特筆すべきことかと。

あと看板娘??
女性スタッフの対応が本当に気持ち良いです。
非常にフレンドリーですし。
それだけで行く気になっちゃいますよね(笑

素敵なお酒やさんです。
まだまだこれからが楽しみですね。


あ、忘れてたよ営業日と時間。
日曜祝日休み。
で平日は20時まで。
土曜は17時まで。


Comment

Leave a Reply










Trackback

 先日、新橋の地酒中心の酒屋「朧酒店」さんの月一利き酒イベントに参加してきました。  酒屋さんとしての特徴は既に日本酒感想日誌さんが簡潔にまとめているので、そちらにお任せしまして…・  今回はイベント初参加に関する個人的な雑感をつらつらと書こうと思います。  もともと朧酒店さんは行ってみたい酒屋の一つで、特に最近日誌係さんの記事や「新しい日本酒の楽しみ方 (タツミムック)」など...