【52】鼎 純米吟醸 生 仕込二十二号 23BY

鼎(かなえ)。
長野県の大手蔵の若手が中心となってつくっているお酒です。
どうも噂によると美山錦の55%のようです。
味わいは確かに美山っぽい。





華やかな吟醸香。
ブドウやパイン。
華やかですが、嫌らしさはなく軽やか。
すこし落ち着いてくるとフローラルな印象です。
素敵な香り吟醸の予感。

含み香もブドウやフローラルなイメージ。
さらりとした甘み。
含み香と相まって良い感じです。
上質なタッチと透明感のいいバランス。
小と中の間くらいの粒感かな。

甘みに酸と果実の皮のような苦みが絡んできます。
わずかなアルコールの立ちが苦渋とからんで良い感じ。
美山錦っぽいクセが設計のベースか?

下で転がすと旨みはゆーったり広がりますが、幅は中くらい。
苦渋や辛みがたってきて、生酒らしい刺激を残し消えてゆきます。
甘めの余韻は長め。

水がいいのかな?
するする入っていきますね。
きもーち強めに冷やして、転がさずにすいすいいただくのが良いです。
☆4つ






2日目。あれ、昨日より良いかも。
甘く華やかな香りは昨日よりやや熟感が強いか。良いです。
さらに品よくキュートな甘みが凄くいい。
五味をうまくまとめつつ、つるっと流れ落ちます。
ミルキーな旨みがいい感じに出てきたのかな。
透明感もありつつ爽やか。
☆4.5に修正。
一升瓶で3000円以下というコスパを考えれば5でもいいかも?文句なしにお勧めです。













Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

Leave a Reply










Trackback