日本酒感想日誌

今日のんだ日本酒の感想・テイスティングリポート・評価。

日本酒感想日誌は、家で実際に飲んだ日本酒の味わいを、リアルタイムで飲みながら更新するブログです。

日誌係、中川商店に行く

 19, 2015 15:51

酒屋探訪シリーズ。
今回は大好きなお店、中川商店さん。
武蔵境から徒歩5分くらいでしょうか。


DSC_0111~01


夜の訪問です。

ここのお店のラインナップは本当に好きですね。
風の森、根知男山、作、黒牛、マツコト、うごつき、亀甲花菱などなど。
どれも実力派のお酒ばかり。
他にもたくさんありますが、むやみに取り扱いを増やすお店ではないです。
その分蔵元との付き合いは深く、オリジナル商品なんかも多いです。

そしてなんといっても個性的な店主さま。
すいている時間にレジに行くと、必ずお酒についてご説明してくださいます。
とっても気持ちの良いお店です。

日曜定休。
月から土は10時から21時。
祝日は10時から17時。
小さなお店ですので、臨時休業等はチェックしたほうがいいかもしれません。
でもよる21時までやっているのはうれしいですね。


COMMENT 4

Tue
2016.02.16
23:16

もう肝臓の無駄遣いはしたくない1972 #0NcSdWBo

URL

恥ずかしながら、本日デビューです。

ちわーっす。

行ってきましたぜ、中川商店。
風の森に強いということもあって、前から行ってみたかったけど、
なにせ近所に有力酒屋がアチコチあって後回しになってました。

噂の店主、いました。
去年、某店で取り寄せた笊籬採り山田錦60が風変わりに熟してたもんで、そのことを店主に言ったら、

「それ、完全な店側の管理ミス」

とバッサリ(笑)。それを屈託のない笑顔で言うもんだから、いちいちおかしかった。

しかしなによ、この店。
あれも欲しいこれも欲しい、ヤバーイ。

ひとまずプレミアム雪見酒と寿喜心の五百万石と、
店主との会話の流れで、風の森のしぼり華の山田錦60を
リベンジの意味を込めて買って来た。

寿喜心は高円寺の高原商店でも扱ってて、実は前から純吟の五百万石が気になってたのよ。26BYはタイミング的に五百万石を買えなかったもんで、山田錦の純米68の生原酒を買ったらまんまと旨くて、日誌係氏も絶賛してたことだし、こりゃ今年は絶対に五百万石行くぜということで遂に本日購入しました。

ダメだ、この店。また近日再訪しないと。
たまたま前から飲みたかった酒がいっぺんに買えるじゃん!

そりゃそうと、27BYのあぶくま槽場汲み、

今年はハズれだ〜。(おそらく)

とにかく、飲んだ瞬間に苦い・・・。
しかもエアリーな苦みじゃなく、完全に水に溶けた、味としての苦み。
開けたてはセメダイン香が強くて辛いし。

時間ごとに荒さは落ち着いたものの、
頭の中でどうにか旨く感じようと悪戦苦闘している自分がいて、
味は違うけど、ちょうど27BYの屋守おりがらみを飲んだときの
思考回路を思い出した。

日誌係氏も仕込み2号をイマイチと書いてたけど、
オレの買った仕込み1号もイマイチだった。
なんか苦くて水っぽいグレープフルーツみたいで、
まるで屋守らしさがなかったな。

さて、あぶくま。
ロットによるものなのか、造りそのものによるものなのか、
はたまた単にオレの味覚によるものなのかは分からないけど、
26BYに飲んだ、それほどでもなかった冩樂の純吟おりがらみ
より下だったから、たぶん失敗なんだろうな。

氏の2015 Awardを汚してはいけないと思い、
こちらからレポートしました(笑)。

ま、こればかりは仕方ないよな。
鍋島のNew Moonもイマイチだったし、
27BYはいろいろ心配だ・・・。

そうそう、関係ないけど、萩の鶴の別撰、超ぉ〜旨かった。
今んとこ、個人的に27BYはコレが一等賞。
派手さはないけど、無駄のない芯の通った味設計。
甘くてシュワシュワ。
初日は特に上澄みがシャッキシャキで旨かった。
2日目以降はおりがらみもチャーミングに甘酸っぱくて◎だった。

機会があれば是非。




Edit | Reply | 
Wed
2016.02.17
12:57

日誌係 #-

URL

Re: 恥ずかしながら、本日デビューです。


どもども!

中川さんいいすよね~!
ラインナップが良いし、PB商品・SP酒多いのもグッドです。
でも最近ブログ消して新ホームページ作ったらしいんだけどそれが検索にヒットしない。
入荷情報がわからなくて困ってますw

店主さんもいいキャラです。
暇なときに行くといっぱいお話してくれます。
ただ結構手厳しい(笑
じっと冷蔵庫見てると、たまにお酒の好みを聞いてくるんですよ。
とりあえず『やっぱり香りがあって甘めのお酒が~』とか言いながらお酒をレジに持ってく。
そうすると『これはちょっと違うよ!』とかバッサリ切ってきます(笑
容赦ないです。

寿喜心は良いですよ~。
三井松山や吟風とか、米違いでいろいろだしてるんで僕も今年もチャレンジしたいですね。


いや~しかしまさかあぶくまハズしたかあ!
ショックです、なんかすいません。
でも全然正直に言って頂いていいです。
おまえこれはちょっと違うんじゃねーのって(笑
好みもありますし、ブレもありますからね。

ただセメダインが強くて苦かったってのは、なんか失敗っぽいですね。
あえて擁護すれば基本火入れの蔵なんで、生酒の難しさが出たのかなあ。

“頭の中でどうにか旨く感じようと悪戦苦闘”ってのはすごいわかります。
特に思い入れの強い蔵だったりすると。
こんなハズじゃなかったのにな~自分の調子が悪いのかななんて思うことも。
そう考えだすとどんどんブレてくるんで、やっぱりダメな時はバッサリ行くように僕も最近はなりました。


屋守のおりはねえ……水っぽいグレープフルーツってのめっちゃわかります。
あれはラベルも変えたし意図的なのかなあと思ったりもしますが。
鍋島もブレある蔵ですよねえ。
ダメな特は3か月ぐらい寝かすといいんだけど、開けた後じゃどうしようもないし。


そして萩の鶴、買いに行きましょうそこまで言われたら!w
僕はこれまであんまり縁がなくて。
日輪田っていうクラシックなラインがあって、その一方で試験醸造が人気だったり。
なんかつかみどころないイメージで、なかなか手を出していなかったんですよね。
基本ひと銘柄年1本しか飲まないんで、これだっていう看板商品がほしいんですよね。
探してきます!


今回は僕も長くなりました(笑
またお願いします!





Edit | Reply | 
Wed
2016.02.17
18:50

もう肝臓の無駄遣いはしたくない1972 #0NcSdWBo

URL

HPアドレス

酒のなかがわ
http://sake-nakagawa.jp

オレも検索してもわからんかったから、
奥さん(かな?)に言ったら名刺くれて、アドレスを入力してアクセスした。
なんかまだ作り途中みたいなこと言ってたよ。

そうそう、 笊籬採り、27BYから720mlのみに変更で、
2本ずつとか、定期的にリリースされるみたい。
来週中に第一弾入るって言ってた。
9月に順次リリースという方式はやめるってよ。

あぶくま、ありゃハズレ(失敗作)だわ。
日誌係氏の飲んだ26BYとは別物だと思うよ。
あの苦みの出方、他のハズレ酒でもたまにあるもん。
だからあなたは悪くないっ!(笑)

旨い酒ってさ、自分の細かい好みを超えて

「はい来たァーーー!」

ていう感じでアガれるじゃん。

萩の鶴の純吟別撰も、軽いし折り目正しいんだけど、
なんか自分の気付かなかったツボを刺激されたつうか、
変な話、あんま期待してなかった反動で感動しちゃったみたいな(笑)。


──なんかつかみどころないイメージで、なかなか手を出していなかったんですよね。

マチダヤの店長が、

「彼はよくわからない男なんですよ。やることが読めないんです。」

って言ってた。もしや天才肌なのか!?

今度はオレがプレッシャーだなあ(笑)。
いやいや、旨いと思うよ。
オロナミンCのサイズで一年中自動販売機で気軽に買いたい酒だよ。
(無理だけど)

Edit | Reply | 
Thu
2016.02.18
21:43

日誌係 #-

URL

Re: HPアドレス

おおお!マジですか!!
サイトがわからんくなって困ってたので超サンクスです!

笊籬採りもう出るんですね~。
720になるというのは聞いてたんですけど。
この時期から出すことで味がどうなってくるのか、楽しみです。


「はい来たァーーー!」 感はわかるわかる、ハマった酒はテンション上がります。
萩の鶴は楽しみに買いに行きますよ!
売ってそうな店のあたりはつけた!
ドキドキしながらレポをお待ちください(笑)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?