日本酒感想日誌

今日のんだ日本酒の感想・テイスティングリポート・評価。

日本酒感想日誌は、家で実際に飲んだ日本酒の味わいを、リアルタイムで飲みながら更新するブログです。

【385】花陽浴 純米吟醸 雄町 無濾過生26BY

 29, 2015 20:00

生酒もそろそろひとしきり出そろってくる季節。
というわけで今週は勝手に花陽浴ウィーク。

意図的というわけではないんですが、ぼーっと酒買ってたらなぜか冷蔵庫に揃っていた花陽浴
八反錦、美山錦、山田錦、雄町と4種類。
それも奇遇なことに、ぜんぶ純吟のおりがらみじゃない方。
いい機会なので、お米による違いなどリポートできれば。
あーでも美山錦は1升瓶なので開けないかもしれません。
去年もやってるし。


今日は雄町。
リリースの順番では一番最近になります。
今年は花陽浴、生産量を増やしたのか手に入りやすかったのですが。
雄町が一番数なかったような気がしますね。
磨きは55になります。


DSC_0180~01

DSC_0183~01


花陽浴といえばやはりこの華やかな南国系の香り。
パインに加えてベリーなども感じるでしょうか。


含むとやはり美味しい。
やはり広がる華やかな香り。
キュートですが妖艶さも。

ソフトで滑らかな舌触りは好印象。
さすが袋吊りしているだけはあります。
そして広がる甘酸っぱさ。
旨みもよく出ているのかミルキーで深みのある甘み。
じわっとくるな~やっぱりこの濃い甘みだよ!!
酸がしっかり一体感もって、全体のラインを整える。
はじめは弾むような快活さを感じた酸ですが、しだいにたおやかな流れを感じるように。
旨みと香りの余韻を残しつつ、スムーズなフィニッシュです。


やはり花陽浴花陽浴ですね。
この蔵はスペックは違えど、同じ方向の造りしてます。
だからかもしれませんが安定感ありますね。

これまでに飲んだ花陽浴の印象と比べて。
まず香りですがベリー系やフローラルさを強く感じます。
味わいでいえば、上品でやや旨口よりかもしれません。
時期もあると思いますが。
ガス感はなし。
女性的、ですかね。
可憐で優美な。



うまいなあ。
十四代あたりと比べてもかなり迫ってきている感じありますね。
ミルキーな旨みの出方とかいいです。
こっちのほうが香り高く酸が高い分、まだ全体の一体感では…という感じか。
やっぱこの蔵はいいですよ。
ついつい買ってしまいます。
華やかだけど、瑞々しく可愛らしくという感じで。
いやほんといいねこの雄町。
すっごく良いですよ。



温度が上がってくると瑞々しく、それでいてキュートな甘みが際立ちますね。
ほんとに可愛らしくまとまっている。
ほどほどの少し小ぶりなトランジスタグラマー感?
ちょっとえっちくてね。
彼女にするなら最高でしょう。
なにいってんだ。




なお去年飲んだ美山は洗練されていたようなイメージが。
ちょっとタイト、都会的だったというか。
美山らしい立体感があってね。
まあ今後比べていく中で、違いがよりはっきりしてくるかと。


なんとなく、雄町は造りによっていろんな味わいの、幅があるイメージ。
山田錦がどう作っても上手く一定のラインに乗ってくるような、優等生的なイメージなのとは一線を画すような。
素人の戯言ですが。




Tag:花陽浴

COMMENT 0

WHAT'S NEW?