日本酒感想日誌

今日のんだ日本酒の感想・テイスティングリポート・評価。

日本酒感想日誌は、家で実際に飲んだ日本酒の味わいを、リアルタイムで飲みながら更新するブログです。

日誌係、中久本店に行く

 30, 2015 21:31

またちょっとネタがたまっている酒屋探訪シリーズ。
とっても素敵なお店なのでまずはこちらをご紹介。


府中の中久本店さんです。
WEBサイトとかブログがないので、あまり知らない方もいらっしゃるかもしれません。

京王線府中駅から5分ほど。
和モダン?な素敵な店構え。

ラインアップは……
村佑、正雪、醴泉、黒龍、瀧自慢、美丈夫…。
うーんあとなんだろう。
石鎚、南方、墨廼江はあった。
ちょっと思い出せないんですけど、取扱い銘柄はかなり多いです。
けっこう新しい銘柄の扱いもありました。

日曜が休み。
平日は9時から20時。
祝日が10時から19時。






平日の昼にふらっと訪問。
優しげでちょっと脱力系の店主のおじさん(失礼)が超ステキ。
「ちょっと飲んでほしいのがあるんだよ~」
といって試飲を超すすめてきます。


・南方大吟醸にごり
「南方さんらしい適度な華やかさ~」と店主さんの談。
確かにちょうどよい華やかさ、コクのある味わい。
ちょっと価格は違うけど、南部美人の大吟にごりとかそんな感じ?

・花の香
熊本のお酒で、獺祭で修業した6代目蔵元が醸した1本目のお酒だとか。
「1本目にしちゃけっこういいんだよね~、安いし」という店主さん。
最近お店に営業に来て取り扱っているのだとか。
飲んでみると、優しい甘酸のバランスにクリアーなタッチ。
確かにいい。
ちょっと辛みや雑味があるが今後期待できそうなお酒。

・瀧自慢雄町火入れサンプル
間髪入れずにこれもこれも~といって持ってきてくれたお酒。
蔵元から送られてきたばかりらしい。
明らかに未開封の模様。
俺でいいのか?あんたがのめよ(笑)
雄町らしいジューシーさ、滑らかなタッチ、火入れだがフレッシュさが残る。
店主さんが「あー蔵元もフレッシュだって言ってたなあ」と一言。
これはちょっとうれしいですね。


挙句の果て、会計を済ませた後に黒糖焼酎の試飲まですすすめてくるという徹底ぶり。
こんだけ試飲進めてくる酒屋の人も珍しい。
長々話し込む僕と店主をしり目に、他の店員さんはそさくさとお仕事。
きっとおなじみの光景なんでしょうね(笑)



後日やりますが、結局ちょっと変わったスペックのお酒を買ったんです。
お客の反応はいいが店主は飲んでないとか。
そこでひとこと、
「美味しくなかったらどうしようかな~、まあ不味かったら文句言いに来てよ!」
いや~めっちゃいいキャラの店主さんです(笑)
行ったら絶対楽しいと思うのですいてそうな時間にどうぞ!


COMMENT 0

WHAT'S NEW?