日本酒感想日誌

今日のんだ日本酒の感想・テイスティングリポート・評価。

日本酒感想日誌は、家で実際に飲んだ日本酒の味わいを、リアルタイムで飲みながら更新するブログです。

【400】三重錦 純米吟醸 斗瓶取り おりがらみ生酒 26BY

 12, 2015 00:22

年末年始に三重に行った際もちょこっと飲みましたが。
三重錦です。

もともと生産量の少ない三重錦ですが。
今回は中でも比較的レアなお酒。
純吟の斗瓶取り、おりがらみ生です
純吟の中取りという商品がありますが、それの荒走りなのかな?
たしか中取りのほうはヤブタで、こっちは袋吊り。


以下スペック。
酒母米 山田錦 精米歩合50%
麹米  山田錦 精米歩合50%
掛米  山田錦 精米歩合50% 雄山錦 精米歩合60%
日本酒度+6 酸度1.4~1.5 アミノ酸度 0.9
アルコール度数 16.4度 酵母 三重県酵母 MK-1

えーっとMK-1は確かどっちかというと伝統的な酵母で。
はやりのカプエチ系ではありません。
三重錦らしいチョイスですね。




DSC_0053~01

DSC_0058~01


あけるとぶしゅっと。
かなり元気みたいです。
立ち香はブドウっぽいかなあ?
独特の甘い香りですが、なんというか旨そうな感じ。
らしい香りです。

まずは上澄み。
やはり強めのガス感。
爽やかな甘みからの旨みたっぷり。
ところがカチッと爽やかに切れます。
本当に爽快な飲み口のお酒。
酸もほどほど有り、いい塩梅のドライ感。
ほんのり甘い含み香。
いいですね~。
上質なシャンパンを思わせます。


さて次は撹拌して。
もう香りが全く変わりますね。
ミルキーで、より爽やかなブドウ系の香りが心地よく感じられる。
この蔵はにごり系得意ですよね。

含むと、上澄みはだいぶ抑揚があったのですが。
おりがらみは随分まとまりました。
爽やかさが際立って、上品な甘うまみ。
酸のフレッシュさ、そしてやはり最後はすきっとキレよく。
でもクリーミー、コクもあってね。
僅かにほろ苦くて、グレープフルーツのようなフレバー?

ああ、これはウマいねぇ……。
けっして派手なお酒ではないのですが。
一方で物足りなさは皆無です。
スイスイ行きます。
ああ、良い天ぷらなんかと食べたら最高ではないでしょうか?


にごりって日本酒独特ですよね。
たとえばシャンパンなんかどどうしても僕はドライさとかえぐみとかが気になるのですが。
おりからめると非常にやわらかくなりますよね。



Tag:三重錦

COMMENT 0

WHAT'S NEW?