【424】豊潤 純米吟醸 雄町 生酒 26BY


はじめてですね。
大分県宇佐市から豊潤
豊前長洲駅の北にあり、海からほど近い蔵元。

休業していた蔵を平成20年に、20年ぶりに復活させてそうです。
大分というとどうしても焼酎の方をイメージしますが。
ちえびじんと並んで大分の日本酒を広めていく新興勢力です。

今回は試験醸造となる雄町60生を選びました。
雄町は今期はじめての造りで、限定400本だそうです。

DSC_0313~01

DSC_0316~01


セメダイン、バナナ系の香りが適度に。
バニラのような甘やかさ荷も感じます。
そしてすこし柑橘系のニュアンス。

透明感のあるタッチから、穏やかにクリーミィな甘み。
併せて素朴な旨みが広がります。
好感の持てる旨口。
瑞々しく、しゃきしゃきと爽やかな風合いです。
柑橘系の酸がたって、舌にすこしアタック感がある仕上がりか。

雄町の旨み・コクを出しつつ軽快に、フレッシュに仕上げている印象。
肌理も細かく滑らか、また甘やかさもちゃんと出ています。
決して派手な流行りのラインとは少し異なりますが、好印象。
さくさくと杯が進み、食欲を掻き立てます。
もすこし寝かせて燗つけてもかなりよさそう。
和食を扱うお店なんかでは重宝しそうです。


2日目。
ちょっと乱れぎみ?
やはりセメダイン系の香り。
ほろ苦い甘み。
円やかに、するんと流れる。
あるいみ雄町らしいぽっちゃり感か?
1日目とはまるで違う。
これはこれで。
どしっとくるけどクリア。

Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

Leave a Reply










Trackback