日本酒感想日誌

今日のんだ日本酒の感想・テイスティングリポート・評価。

日本酒感想日誌は、家で実際に飲んだ日本酒の味わいを、リアルタイムで飲みながら更新するブログです。

【58】富久長 純米大吟醸 八反草50 23BY

 24, 2012 20:15
広島の富久長。
八反草は八反錦なんかの源流となった広島の幻のお米だそうです。

スペックはラベル参照。
酒母米・麹米は50%精白の山田錦。

ここは女性杜氏だったり、幻の米だったり何かとイロモノ臭のする蔵ですがしっかりしています。
軟水醸造法をあみだしたのはここの蔵です。
何かと面白い蔵。






柔らかなバナナ香。とろりと甘やかです。
穏やかだが爽やかさも感じなかなかよろしいです。

含むとやはり甘い香りだがコクがあるように感じる。
常温に近いと、とろりととした優しい舌触りの甘み。
冷やすとさらりとした甘み。

苦渋とともにコクのある旨みがふ~っと広がると、
同時に酸がきりっと輪郭を引きしめつつきゅっとミネラリーな余韻でフィニッシュ。

上手い造り。
おそらく米の特徴であろうミルキーなコクがいい。
とろりとした甘みを締める酸の使い方が素晴らしい。
しっかり飲みごたえがあります。重いわけではないですが。
ただちょっと飲み疲れするかもしれません。
少し冷やし気味で,ばらさずにスイスイ軽やかな甘みを楽しむのがお勧めです。

料理は色々合わせてみたいところです。
魚とか、魚系の出汁のきいたもので飲みたい気がします。
採点は4.2

2日目。
やはりバナナのような甘い含み香が良いですね。
とろりとしたタッチから上品な甘み。透明感もある。
五味がまとまってスムーズにとろりと流れ込む。

これはいい!
採点4.4に変更。




Tag:富久長

COMMENT 0

WHAT'S NEW?