【447】雑賀 純米大吟醸 火入れ 26BY


3日ほど休肝日をとりました。
面白いもので休みなく飲んでいると美味しく感じなくなってきます。
そんな時は疲れているな、とお休みをとります。
最近は飲みっぱなしだったので数年ぶりに長めの休肝日。

和歌山県から雑賀です。
厳密には初登場ではありません。
以前にぽん酢を紹介させていただきました。

九重雑賀さんはユニークな蔵で『よりよい酸を食卓に』というスローガンを掲げています。
日本酒はその一部。
お酢や梅酒なども製造しています。

今回はこの蔵のフラッグシップ、純米大吟醸を選びました。
麹米45、掛米50でともに山田錦。
500kの小仕込み。
限定商品で生もあるようですが、基本は火入れです。
金地に赤で八咫烏のラベルが良いですね!
自分は和歌山好きで熊野三山も何度か行っているのでそう思うのかもしれません。


DSC_0069~01

DSC_0073~01


含む。
すっきりと綺麗な口当たり。
きめ細かく、透き通るような透明感。
ほんのりと黄桃やマンゴーのようなニュアンスも?
フレッシュな酸が瑞々しいが、うっすらと柔らかく。

舌でゆっくり転がすとほんのりとした甘み、旨みがふわりと開く。
繊細で上品、派手さはないが香りとの調和もよく気持ちよい。
きれいにすっと滑りつつ、カチッとした辛さでフィニッシュ。


冷やしすぎは厳禁のお酒ですね。
ゆっくり味わうとコクのある旨みが出てきていい感じ。
旨みたっぷりです。。
それにちらっと顔をだす爽やかな酸とほんのりした香りが絶妙。
辛みで適度なドライさで、もちゃっと古臭くなりそうなところを切る。
ほんのり甘い、旨みの余韻が優しく長く。


うん、なかなか。
2000円程度なんでお手頃純大。
kidといい、和歌山はコスパのいいお酒があっていいですなあ。


おっとどんどん甘みも出てきたぞ!
これはかなり良い。
トロピカルなイメージもありますね。
まろやかな旨み。
爽やかなキレ。
いいね。
質の高い純大です。




Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

Leave a Reply










Trackback