日本酒感想日誌

今日のんだ日本酒の感想・テイスティングリポート・評価。

日本酒感想日誌は、家で実際に飲んだ日本酒の味わいを、リアルタイムで飲みながら更新するブログです。

【61】大信州 純米大吟醸 鑑評会出品仕込瓶囲い 23BY

 02, 2012 21:02
長野県松本市の大信州
とっても立派な木箱入り。

スペックは不明。
大信州の「別囲い」とは鑑評会出品酒と全く同様に仕込み、冷蔵で特別に囲ったお酒だそう。
(蔵元Webサイトより)
ですので特に出品酒とかっていうわけではなさそうです。
但しここの蔵は丁寧なつくりに定評がありコスパが良いイメージ。

大信州といえば日本酒業界には珍しいブレンドの技術を持っています。
微妙に味わいの異なる酒をつくり、複数のタンクをブレンドするそうです。
以前タンク違いの50%純米大吟を飲み比べしたら微妙に違って楽しかった記憶が。
微妙に違う味わいを狙ってつくるって凄い技術です。





華やかなリンゴやメロンのような上立ち香がさわやか
含むとトロピカルな熟感も感じます。
流石のフルーティさです。

程よい甘みがふんわりと。
さらりと純米大吟醸らしい口当たりです。
酸味が甘みを包み込み、ゆらゆらときらめき、果実のような瑞々しさを与えています。
上品で円みのある米の旨みが柔らかく広がります。
すこし苦みを感じさせつつ、ぴりっと辛みで切らしてフィニッシュ。

もう少し温度を上げつつ開くのを待ってみる。
酸と甘みが調和しすばらしい味わいです。
本当にフレッシュなリンゴをかじっているかのよう。
苦味などの雑味は気にならなくなり、透明感のある酒質。
ミルキーでしなやかな良い米の旨みがスムースさを妨げない程度の広がり。
ほんのりピリリでするり。

お手本のような純米大吟醸。
見事な調和で蔵の実力を感じる、総合力のある美酒です。
大信州は味わいのわりに基本安価なのでお勧めです。
あんまり売ってないのがあれですが。
でも特Aの純大がこの価格は良いですよ、もちろん味わいも。
☆4.5

2日目。
香りは熟感が増してパインやメロンのようなニュアンスを強く感じます。
味わいは崩れたという感じはありません。
上質な甘みがくっきりとし、酸がよくきいています。
全体的に透明感を感じる酒質。
するりと滑らかに喉に流れ、ピリッと切れつつ心地よい香味の余韻。
程よい旨み苦味渋味が綺麗すぎずに綺麗な品のある美酒です。
2日目の方が良いかもです。

凄い美味しい酒!
なんだけどサプライズがないのは舌が肥えたのか毎日毎日飲んでばかりだからか。
缶チューハイ美味しい~とか言ってるやつに飲ませたらひっくり返るんだろうな。
まあ大信州はこれくらいは当然やってくる素敵な蔵です。
ちょっとハードルを下げなければ。

4日目。
完全にパインジュース。
面白いなあ日本酒は。
うめぇ。


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 今日飲んだ酒へ
にほんブログ村






Tag:大信州

COMMENT 0

WHAT'S NEW?