日本酒感想日誌

今日のんだ日本酒の感想・テイスティングリポート・評価。

日本酒感想日誌は、家で実際に飲んだ日本酒の味わいを、リアルタイムで飲みながら更新するブログです。

【461】奥 十年低温熟成 16BY

 27, 2015 09:32
、以前にやったのはいつだったか。
たしかこのブログを始めて間もないころ家でやったと思う。
そのときはあまり良い印象ではなかった。


面白そうな限定酒が出ていたので久しぶりにやる。
お米は当然夢山水だ。
磨きは60。
16BY。
280ℓ限定ということは4合瓶でも400本無い程度か。
希少である。




20151027_085826~01

20151027_085838~01


綺麗な薄い黄金色。
冷えていてかつ平杯ということもあるが立ち香は仄かに甘い香り。
熟成酒らしからぬフローラルかつフルーティな立ち香である。
熟成香は立ち香の時点ではほぼ感じない。

含む。
まろやかでとろりと濃厚な口当たり。
フローラルなニュアンスとともに古酒の芳しい熟成香。
蜜のような甘みがじわりと。
この甘みは温度が上がるにつれ存在感を増す。
さらに酸がくっきりと出ていてる。
甘酸っぱい古酒だ。
しかし全般に酸のリードが強く、濃い割にスイスイと飲める。
不思議なほどすっきりとした駆け足な後半である。

ゆっくりと味わうと枯れた風味の旨みも十分。
チョコとやカラメルといったビターなコクもしっかり。
やや苦み。
うーんフルボディで濃厚。
アフターは力強く長いものの、嚥下する際はやはりさっぱりと比較的スピーディだ。


これは見事。
他ではなかなか味わえない素晴らしい古酒です。
まずこの蔵らしい華やかな香りが10年経過してなお生きています。
フローラルで、ややベリーっぽさも感じられるような。
樽で香りづけしてるわけでもなしに、10年古酒でこの香りとは。
日本酒の可能性はまだまだ未知数ですね。
それは熟成香と調和し、さらに五味に調和をもたらしています。
日本酒らしい旨みもありつつ、飲みやすく。
また酸がかなりあります。
これ酸度どれくらいでしょうか。
熟成前がどのような味わいだったかも気になりますね。
6割でこれなら高精白はどうなるのでしょう。
二割二分を2本買って1本を寝かせてみれば面白いのかも。

素晴らしい。
日本酒という枠には収まらない芸術品。
ウイスキー好きな人なんかも気に入ってくれるのでは?


あーうめえなこれ。
次第に柔らかく蕩けるような旨みも。
きっと感も美味しいはずだ。
プラムの様な酸味がまた良い。
もう1本買ってこようかしら。
これ2000円ですが、これは5千1万~の価値ある古酒だと思います。


2日目。
円やか、優しく柔らかな甘みと酸。
チャーミングな古酒。


お燗。
うまい。
ほっこりとした甘み旨みが感じられるタイプ。
やや熟成香があるので好き嫌いは分かれるが僕は好きなお燗だ。
するするタイプよりはこっちがすきなんだよね。

Tag:イチオシ

COMMENT 1

Tue
2015.10.27
14:00

管理人 #-

URL

相互リンクのご連絡 お世話になります。貴サイト拝見しまして非常に良いコンテンツを配信されており勝手ながらリンク集に追加させていただきました。(以下URLのヘッダはスパム対策で外していますが、こちらです) konkatsuhack.website/ 相互リンク、ぜひご検討いただければ幸いです。管理人 

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?