日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

【468】天寶一 特別純米 おりがらみ本生 27BY

日本酒
  • comment0
  • trackback0

こちらもブログ初登場ですかね。
天寶一(天宝一)です。
広島県でも岡山に近い福山市の酒蔵です。
27BY新酒のおりがらみをいただきます。

広島県産の八反錦60。
酵母はKA-1-25。
ちょっとよくわかりませんが神雷あたりでも使ってるので、KA-1の広島改良版でしょうか?
おりは瓶底0.5センチほどでそれほど多いほうではありません。


20151116_211441~01
天寶一 × 『奇貨居くべし』宮城谷昌光

20151116_210026~01

20151116_210018~01


撹拌していただきます。
立ち香はほんのりマスクメロン+やや酸の様な香りが漂います。

含む。
滑らかなタッチ。
やさしい甘みからジューシーな酸!
ブドウの様な風味が素晴らしい。
僅かに微炭酸。
香りもマスクメロンにブドウが混ざります。

ほどよい旨み、とともに新酒らしい苦み渋み。
ありがらみで甘いは甘いですが、やや辛みもありキレはすきっと爽快です。

うん、いいんじゃないでしょうか。
上々の新酒です。
僕がこの時期一番いやなのは味の出てない新酒ですが、これはちゃんと出ています。
おりがらみらしい滑らかさと味幅。
ブドウの風味が心地よく満足できるお酒です。
捌けもよく食べ物にも合うなあとおもいます。
ぜひまた。




余談。
今日は朝から築地場内に行って生ガキを買ってきました。
寒くなってからずっと食べたかったので。

20151116_214604~01

写真は仙鳳趾の大ぶりなもの。
皿に乗らないけど3個。
こちらはもみじおろしと九重雑賀さんのポン酢、そしてもちろん天寶一
ミルキーな甘みがたまらん。
厚岸の小ぶりなものも2個買ってきたのでそちらはボウモアがけで。

どちらも美味しかったです。
海ぽん山ぽんと生ガキの組み合わせは最強すぎて言うことがないので、あえてボウモアがけについて。
まずミルキー方面にステータス全振りしてる日本の牡蠣には合わないのかも?と少し感じた。
たぶんもっとソルティーなほうが合う。
かなり濃いめの塩水でがっと洗ったらそのまま行く、くらいのほうがいいかもしれない。
そしてボウモアをかける量。
小匙はんぶんとか数ダッシュとかいう人もいるけど。
断然どばどばかけたほうが美味しい。
以上。

なおボウモアですがスモーキー&フルーティさ。
ピートはあまり感じず、スモーキー、たき火の様なウッディさ、そしてマンゴーのようなニュアンスを感じた。


築地おもしろかった。
今の時期は大船渡の赤崎のものが多かったかな。
また行ってみようと思います。
次は白子でも買いに行こう。


2日目。
フレッシュさが衰えました。
その分苦み渋みが目立つが、それがしゃきっとした旨さに。
ややキレが悪くなったかな。


関連記事
スポンサーサイト



Comments 0