FC2ブログ

日本酒感想日誌

【496】梅津の生酛 山田錦80 無濾過生原酒 26BY

  0   0


初のみ。
鳥取県から梅津の生酛
そのまんまですね。
もともとの銘柄は冨玲。
18BYからは全量純米蔵だそうですが、そんな蔵のきもと造りのシリーズ。
生酛は19BYから取り組んでいるそうです。
そのまんまですね。

あまりに寒すぎて燗酒のみたくなったんです。
ほんとは梅津の生酛か天隠のにごり系を飲みたかったのですが(最近にごり燗に興味があるんです)。
無かったので鳥取県産山田錦80の無濾過生原酒。
しかし生もとで80って造るの難しそうだなあ。
生もとなのでもちろん酵母無添加ということになります。

古いヴィンテージのものも出したりする蔵なので、26BYはまあ新しいというかスタンダードな部類でしょう。



20160123_105055~01

20160123_105139~01

えーまずは常温で。
常温といってもこの時期なので冷え冷えですが。

立ち香は旨そうな感じ。
含みます。

おおっと!
思ったより上品な感じです。
ほんのり香るのはなんでしょうねえ。
セメダインが少しあるんでしょうか。
ほんのり甘くちょっとだけフルーティ?
土っぽいようなチーズに近いニュアンスとかも?

タッチは柔かく、比較的軽やかな印象すら。
ほんのり甘み、そしてクリーミィなエキス感。
まだ硬くビシビシとくるアタックもありますが。
そしてまた酸がビシッとキマりますが、この酸は生もとらしく乳酸系で蕩けてきそうです。

全般にもたつくことなくスピーディに駆け抜ける。
キレも良し。
辛いというより、スムースに流れてさっぱりとした余韻が心地よい。

ここまで飲んで数値を見ると驚愕。
度数21度、日本酒度+20、酸度1.9。
とてもそんな感じには思えない飲みやすさ、柔らかさです。
こんだけ度数あったらそりゃ多少のアタック感はあるわな。
次第に枯れたような旨みもじわじわ出てきてイイ感じ。
けっこう旨いぞ、クセになる。


さて、それでは本番の燗へ。
燗酒もいろいろテクニックがあるんですが、なかなか面倒で。
家でリラックスして飲む分にはもういきなり熱湯につけて熱燗、冷めていくとこを味わうというスタイルです。
かろうじてレンジでチンでないので許してほしい。

ん、やっぱりバナナ系というか乳酸系というか、良いお燗の香り。
含むとうまーい!かるーい!
柔かくスイスイ飲める。
クリーミィな優しい甘み、旨みが出てほっこり。
ほっこりだけどスルスル。
これいいね。

燗酒には、ほっこりウマウマ系とさっぱりスルスル系があると思っているんですが。
その間でさっぱりスルスル寄りかな?
少し冷めてくると酸がでてきて、ちょっと梅っぽかったり。
ほんのり土っぽいというかスモーキー?
ああ~いいねえ。
でもやっぱり熱々で。


しかし2015年の5月詰めのムロゲンですが熟成感があんまりない。
この辺の強さはきもとだからなのでしょうか?
クセあんまりないので入門にもいいかも。
それにしても変態スペックだけどね。


2日目。
んっ?
今日はほっこり気味なような?
いいっすね~。
燗にしては今日は力強いような気もします。
ほんのり苦み、スモーキーさ?
チェリーのような印象も。
でもこれ絶対チーズにあう!
あとちょっと加水したりじゃばじゃばしたりしてもよさそう。



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/1075-104cb3cc