日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

【508】川亀 純米 責めブレンド 無濾過生 27BY

日本酒
  • comment0
  • trackback0

かってに注目銘柄の川亀です。
八幡浜また行きてぇなあ、何があるわけでもないけど(笑
純吟、スパークリングと来て今回は責めというのが面白そうだったのでこの純米を。
ふだん荒走りや直汲みに並々ならぬ執着はあっても、責めはイマイチ興味ないんだけどね。
珍しいことです。

なんでも調べたら、12月に上槽した純米大吟醸、純米吟醸の責めをブレンドしたものだそうですよ。
なかなかよさそうじゃあないですか。
純米ですが磨き60%の表記があるので60%より磨いたお酒を使っていることは確かなようです。


20160217_141337~01

20160217_141346~01


ぐいっと行きましょう。
あら、いいですね!

さらっと軽いタッチに、白桃のような甘みが濃い目で。
酸は表立って感じず、うまいこと溶けて明るいフレッシュさを与えています。
比較的香るお酒で、あまい香りが適度に広がります。
ただぶわっとくるんじゃなくて優しいですよね、香り方が。
また爽やかです。
責めという言葉から連想するトゲやアラは感じません。
根底に綺麗さがあります。

旨みはミルキーで好ましく、また柔らかい。
舌の上でゆっくり味わうと、さすがに責めというようなゴロゴロとした旨みもガツッと出てきます。
燗もうまいかもしれんな、という感じの旨み。
そしてフィニッシュのところでやや辛さがあるのも責めだからでしょうか。
それでも柔らかなタッチでするりと滑るお酒。
味幅の分、キレ感はいいアクセントでしょう。
さすがに後口はやや雑味が残りますね。

やっぱ美味しいですね、川亀は。
もちろん流行りの酒質なんですが、造り上手ですよ。
ハイクオリティです。
300石ほどの小さな蔵ならではかもしれません。
これで2480+税なので2678円ですか。
どうみても安いですね。
そしてどーもラインナップがはっきりしないんですが、雄町の純吟があるっぽい。
それが純大。
ことしもう1本くらいやってもいいかなあ。
それくらいには応援しています。



2日目。

やっぱり濃醇。
まだ美味しいですが、ブレンドだからなのかちょっと味がばらけてきてますね。
甘みがひっこんで、酸が浮くか。
と思ったけど冷えすぎないトコだと上手くまとまります。
冷えすぎないほうが軽さが出ます。
相変わらず果実味が良い感じ。

ちょっと燗つけてみましょうか。
あ、いい。
やっぱりいい。
燗つけた時に旨そうな旨みだと思ったんだ。
クリーミーな旨あまみがほっこりと。
ムロゲンの熱め感なんでややアルコールが立ちますが悪くないですよ。
楽しませてくれるお酒っだなあ。

4日目。
あ~白桃系の甘みがいいねえ。
ふつーにうまいわ。
可憐でさらっといいんですよね。
それを責めの旨みがぐっと押してくる感じでしょうか。





関連記事
スポンサーサイト



Comments 0