FC2ブログ

日本酒感想日誌

【535】大治郎 純米大吟醸 袋吊り本生 27BY

  2   0


個人的に待望していた大治郎です。
25BYにほぼ同じスペックのものを飲んで、非常に美味しかった記憶があります。
今回は同じスペックの袋吊りver.
かつその時は半年たった状態だったんですが、今回は蔵出し直後でいきます。


ちなみにこの大治郎をつくる畑酒造さんで間借りしてつくっていた一博。
ことしからついに自蔵で、となったそうですよ。
随分費用も掛かったみたいですが、笑四季さんや喜楽長の喜多酒造の支援もあったそうです。
いいはなしですね。


20160419_023325~01

20160419_023334~01


含みます。
ほんのりリンゴのようなフルーティさもある含み香。
そこにバニラやカカオ、ナッティなニュアンスも、複雑。
時間がたってくると完熟フルーツ、ちょい南国系。
肌理の細かい滑らかな舌触り、深い味わいがあいまって、なにより気品にうっとりしますね。
味のあるお酒ですが、その佇まいはまさにエレガントです。


穏やかながらしっかりと甘みも感じることができます。
まだ若さのある酸がビシッと。
そして旨みがじわりじわりと染み出して膨らみます。
もりもり湧いてきます。
この旨みの押し出しはたまりませんね。
ところがフルーティな香りが鼻に抜けて、綺麗なラインですが力強く、酸がすっと立ったりする。
しかしうっとりするタッチだ。
まさにベルベット。

深いなあ、味わいが。
時間がたってくると、とろり。
いや、くにゃっと蕩ける味わいが。
より甘みが。
酸はプラムのような雰囲気も。
透明感のなかに凝縮感のある旨み。
度数のためか、すっと気持ちの良い清涼感。
こーれはウマい、いいぞ。



うーん素晴らしくポテンシャルの高いお酒です。
思いのほかフルーティさが出てくるのでそれも楽しいですが。
山田錦の高精白のお酒は、寝かすことでグングン育つものがあります。
まさにこのお酒もそんなお酒だと思います。

ぜひね、今買って夏越しいや年末まで寝かす。
現時点でもいいんですけど。
これもお勧めしたい。
この時期飲むなら45の純大じゃなくて55の純吟のほうがいいのかな。
あー久々にこっち系の酒のみたくなってきた。
寝かせてるの開けるか、王禄でも買ってこようか。






2 Comments

ろっく says...""
こんばんわ。

大治郎~。外で飲んだことはありますが、家ではまだです。
コアなファンがいますよよね、大治郎。他もすべて原酒でしたっけ?
酸味からくる力強さと素朴感が料理を引き立てるお酒というイメージでした。
これも家でやらないと。
大吟はフルーティーさも良さそう。酸度が高めなところも気になりますけど。


リンクの件よろしくお願いします。やり方とかわからないのでお任せになってしましますが、
でも。日本酒だけの内容ではない、まとまりの無い当ブログ。恐縮感がハンパないっス・・
2016.04.19 23:41 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re:"
大治郎はなかなかいいですよ!
ぜひぜひ飲んでいただきたいお酒の一つです。

お、それでは早速リンク張らせていただきます!
ぜひこれからもよろしくお願いしまーす!
2016.04.20 00:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/1151-39e890ae