FC2ブログ

日本酒感想日誌

【66】十六代九郎右衛門 特別純米 長野酵母D 無濾過生原酒 23BY

  2   0

このお酒、買ったときからずーっと違和感がありまして。
なんだろうと思っていたのですが、酒呑親爺さまの記事を見て納得がいきました。

これまでの銘柄名は『十五代』九郎右衛門。
蔵元杜氏の女性が結婚なさったそうで。
来季からはお相手の方が杜氏を務めるようです。
それに伴って『十六代』九郎右衛門となるらしい。

しかし余計なお世話でしょうが、この銘柄は良くない!
だって十四代があるから。『十五代』って普通の人が見たらパチモンにしか思わないよ。
さらに十六代に変えるってそんなてきとーな!
ブランドってのはもっと大事に作り上げるもんでしょーが。
そんなんじゃ売れないよ~といらぬ心配をしてしまいます。






ジューシーなカプエチ系の香り。
生酒っぽい濃厚さも感じます。

口に含むと酸がきいてくにゃっと曲がったような甘みがくるんっと踊ります。
ミディアムな重さ。
キュートな甘酸っぱさでわかりやすい。

舌で転がすと甘酸がひらひらするなかで、
ほんの少しクセのある旨みが穏やかにしっとり感じられ、やや濃醇めの味わい。
磨きの割に上品さがあってグッドです。
少しピリッとしたものを感じさせつつ最後まで甘酸っぱさでフィニッシュ。


んん~こなれてくると香りも味わいも一段と甘やかで良いですね~。
ムロゲンらしい荒さも微妙にありますが、程よいアクセントになっています。
程よい重さとしっとり感、フレッシュな香りのバランスが良い。


目指す酒質が明確でわかりやすい。
好印象なお酒です。
磨きの割に品のある味わいで、コストパフォーマンス良し。
採点は☆4.1
今後も目の離せない蔵です。









2 Comments

酒呑親爺 says...""
実際に十六代めに当たるわけだし。まぁ、よろしいのではないでしょうか。
「十三代眉山の夢」というのもあるし、「十五代彦兵衛」もある。焼酎ならズバリ「十六代」もあるしね。
それらをパチモノと思わせちゃうほど、十四代が凄い・・ということです。きっと。
でも、このお酒、結構旨かったでしょ?
2012.07.29 10:37 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: タイトルなし"
> でも、このお酒、結構旨かったでしょ?

美味しかったです!
他のも試してみたいと思いました。
今後杜氏の交代でどんな風になっていくのか楽しみです。
2012.07.29 17:09 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/117-4b2c365b