日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

【543】竹泉 純米吟醸 雄町 槽口直詰 27BY

日本酒
  • comment2
  • trackback2

兵庫から竹泉(ちくせん)です。
兵庫といっても但馬ですね。
近畿のあのへんは昔の国わけだとだいぶ細分化されるので、微妙にそれぞれの雰囲気があります。
神戸と日本海側じゃ全く違いますから。


えーところでコレ、何を隠そう酔いどれオタクの日本酒感想記さんからのインスパイア記事です。
勝手ではありますがこの場を借りてお礼をば。
トラックバックとかよくわからんのですよ(笑

竹泉というと、勝手に辛口芳醇、純米、熟成、お燗といったようなイメージだったんですが。
こんなスペックもあるんだなと。
27BYが出るのを狙っていました。

おまえ、直汲みばっかだな!というツッコミも聞こえてきそうですがしょうがない。
生が好きな以上、やはり直汲みは外せません。
雄町55%の純吟、生原酒です。
契約栽培の兵庫県産雄町だそうです。



20160502_230601~01

20160502_230609~01


しかしかなり色ありますね。
僅かに沈殿物が見えましたが、濁るほどではないようです。


ほお~これは良い!


香りはセメダイン系ですかね。
ただ南国系の甘やかで、熟れたトーンがあってグッド。

さらっとした上質な菓子のような甘みは香りによる果実味があり。
ピチピチとした僅かなガス感にのって非常に好印象です。
酒質として口当たり自体は柔らかく、蕩けます。
こなれた程よい酸があって、すばらしい旨口ジューシー。
旨みはまだ少しだけ硬いかな~という米味。
ちょっと苦みがあってカチッとした感じもするのですが、ミルキーさもあり燗も旨そう寝かせてもよさそう。
ガス、ピリッとした辛みもあるが、ややドライなキレ感が心地よい。
ほどよく香りと甘みがあるだけに、この辺ちゃんとバランスとれているんです。


これはね、かなり良いよ。
まるめちさんの感想を見て旨そうだと思った俺の目に狂いはなかったな(どやぁ
たとえば同じ近畿で、ちょっと近いとこだと秋鹿とか。
そしてより甘いニュアンスがあるので、それだけですごくいいというのは分かってもらえると思うのですよ。
あとはどうだろ、萩の露とか?
でもそこまでぽちゃっとしてないよな。
独特の熟れ感と、程よいドライさの両立が抜群。
このお酒は一瞬でファンになってしまいましたね。
ちょっとソリッドだけど風の森好きな人なんかも、気に入ってくれるのでは?

ちょいマイナーなのかWEBで叩いてもあんま出てこないし。
俺が通販したとこも27BYはそっこー売り切れてるし。
たしかに見かけないな。
ふーん山田ver.とかもあるっぽい。
見ると面白いスペック多いんだよねえ。
ちょっと気になる蔵ですよ。


2日目。
こっれはもー、ほんとに良いね。
甘み、香りもありつつクリーミィな旨みがしっかり出ている。
味幅ありつつ、それをガスでスカッと切らすジューシーさはまさに僕の好みです。
昨日より硬さが取れてすっごくイイ。
香りも派手ではないんですが、さまざまなニュアンスが。
今日はバニラのニュアンスが出ていて、梨のようにも。
ただフルーティとか甘いはあくまで一歩引いたお酒で、そっちが苦手でも受け入れられるはず。
こりゃいいわ。
これはいろんな人に飲んでほしいし感想を聞きたいお酒。

旨いな。
燗つけてもいいだろう。
夏越しまで育ててもいいだろう。



ただこれ足はやいんで気を付けてください。
4日目かな?
ガスが飛んでセメダインと、もっちゃりした濃厚な旨みが残りました。
2にでのみ切れば最高な状態で行けます。



関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

まるめち

どうもです。
ここまでハッキリと触れられてしまうと、こちらも即反応してしまいますね(笑)というわけでトラックバック送りました。
しかし、あの感想でそこまで読み取ってくれたのは嬉しい限りです、自分のボキャ貧は自覚しているので、深読みしてくれる読み手は理想的です(笑)
そして、燗や熟成に耐えられそうというのも同意です、いつか試してみたいなあ。

日誌係
Re: タイトルなし

なんかこっちからトラバコメント催促したみたいになってすいません(笑
いやあでも本当に美味しかったです!

更新楽しみにしておりますので、また美味しいお酒をご紹介してください!!

  • 2016/05/04 (Wed) 23:31
  • REPLY

Trackbacks 2

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  竹泉  純米吟醸 生原酒 槽口直詰 雄町
  • 本日の家飲み 竹泉  純米吟醸 生原酒 槽口直詰 雄町     兵庫県朝来市のお酒です。  家飲み、外飲みともに確か経験なし。  こちらのお酒、ずっと「たけいずみ」かと思っていましたが、正しくは「ちくせん」でした。  そしてこちらを醸すのは田治米合名会社さん、てっきり田治米と呼ばれるお米があるのかと思いましたが、「田治米(たじめ)」という苗字のようです、うーん難しい。 ...
  • 2016.05.04 (Wed) 22:40 | 酔いどれオタクの日本酒感想記
この記事へのトラックバック