FC2ブログ

日本酒感想日誌

【67】不動 純米吟醸 吊ししぼり 酒こまち 無濾過生原酒 23BY

  2   0

千葉県の大手蔵の特約店限定シリーズ。
秋田酒こまちは、飲んだ機会が多くなくていまいち特徴がわからない。






協会18号ということで非常に華やかな吟醸香。
リンゴやベリー、パインなど。

さらりとした甘みが苦渋と旨みをともなって広がります。
含み香も華やかで芳しい。

酸も高めできゅっときいています。
辛みがありきりっと切れる。

落ち着いてくると濃厚な甘みが良く、旨みもほどよい。
時間がたつと袋吊りらしい綺麗さが感じられるようになってきます。
甘ったるいと感じる人もいるかもですが、辛みできっちり切らしているので食事に合わせても意外といけるかと。
やはり若干アルコールが立ちます。

何と言っても安い。
一升2600円、四合でも1300円。
プラスチックそのままの栓に経営努力を感じます。
香りと甘みが非常にわかりやすい一本。
採点は☆4.0

二日目。
熟したフルーツのようなトロピカルな甘さ。
やはり非常にコストパフォーマンスに優れた一本。

採点☆4.2に変更







2 Comments

酒呑親爺 says...""
蔵元HPの載っておりましたが、楽市楽座のできる前(室町時代)に、鍋座を預かってたお店だったので、「鍋店」という名前になったそうです。
日本酒蔵は、どこもすごい歴史がありますよ。
2012.07.29 10:40 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re:"
蔵元の歴史を調べるというのは凄く面白そうですね~。
一つ勉強になりました。
その前に飲んでしまい、酔っぱらって寝てしまうダメ人間ですがv-356
いつもコメントありがとうございます!
2012.07.29 17:07 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/119-dd2d6164