FC2ブログ

日本酒感想日誌

【566】赤武 純米 夏霞 27BY

  0   0



2本目ですね、赤武
なんかのついでに、ふとジャケ買いしてました。
夏酒として、うすにごりを飲みたい気分だったんですかね。
お手並み拝見。

吟ぎんが60の純米。
一回火入れなんだ。
まあ夏だしね。


20160617_015256~01

20160617_015303~01


うっすら、粗めのおり。
撹拌していきます。
立ち香は比較的香りますね。


あーなかなか。
つかやっぱ造りが上手なんだろうねえ大したもんだ。

ほわほわの柔らかーいタッチ。
エアリーで羽根のようという形容詞がぴったり。
ワントーン抑え目の甘みが、清涼感をもってすーっと伸びます。
そこにフレッシュな柑橘様の酸が絡んで爽やか。
香りはほんのりメロンやマスカット系なのかなあ、柑橘っぽさもあってこれまた爽やか。

旨みもまたしっかり出ていますが、全体のラインを損なわない程度。
おりがらみではなくて、うすにごりって感じ。
オリのミルキーさと、シャキッと感のバランス。
フィニッシュまですっと綺麗に流れていくんですが、そのあとを少し遅れて追いかけるように旨みがこだまするイメージ。
やや苦みがあるかなあ、まあ夏酒だしこれおアクセントかね。
吟ぎんがとかどうも苦いイメージがあるんだよな。


あったたまってくると、少し崩れてくるので、だんぜん強めに冷やして。
けっこう甘みがあって、そのぶん苦みも出てくるので。
夏酒が好きかどうかというもんだいはありますが、よくできていると思います。
あえてうすにごりで、甘みをちゃんとだしているとこなんかも絶妙ですよね。
それでもちゃんと爽やかなので、この柔らかいタッチは素晴らしい。

えだまめ、ひややっこなんかと。
冷ややっこはミョウガのせてね。

設計も造りもセンスを感じます。
天才ではないかもしれませんが間違いなく秀才ではあると思います。
今後が楽しみな醸造家。




2日目。
おや、今日は少し濃い目に甘みが出ていますね。
おススメの通り、氷をひとつ、ぽちゃんと。
ああ~いいですね。
すっきり飲めるけど、ちゃんとエキス感が感じられる。
柔かいけど、爽やかな香り、爽やかなキレ感。
十分おススメできるお酒だと思います。





Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/1236-e4d051e5