FC2ブログ

日本酒感想日誌

【582】笑四季 Sensation3 特別純米 朱ラベル 火入れ 27BY

  2   0



笑四季ずいぶんご無沙汰でしたね。
お詫びに商品ラインナップ解説でも。


僕はこのブログでたびたび、蔵元にラインナップを整理しろ、と言っています。
この蔵は毎年コロコロ変わりはしますが、少なくとも整理する気はある蔵です。
基本となるのはコンテンポラリー、モンスーン、インテンスの3つかな。

コンテンポラリーはいわゆるエントリーモデル。
今日のSensationシリーズがこのカテゴリに入り(というかほぼイコール)、黒ラベル白ラベルなどがあります。

モンスーンシリーズはずっとこの蔵が力を入れてきて看板商品ともなった貴醸酒シリーズ。
インテンスは定番の吟醸、を意識しているっぽい。
全量酒造好適米、単一品種に、定番の601 号や金沢酵母を、とのことです。
あとはマスターピースは出品酒にして、試験醸造をマニアックラブにしたのかな?

インテンスをもっと縛ってはっきりさせていくと、もっとわかりやすいかなあ。
あとセンセーションとコンテポラリーはほぼイコールだから統一すれば?
まあでも、この辺のキャラ付けなんかを上手く酒屋なんかが使ってやれると面白いんだけど。
ただなかなか現状そういったお店は少ないです。




で今回のお酒。
上記のうち、コンテポラリーシリーズに属するSensation。
その朱(あか)ラベルです。
輸出仕様のものだったのを限定出荷したみたいですね。
磨き50なんですが1升税込2,376円というとんでもなくお得なお酒となっております。
税込ですよ?純大ですよ?
たしか黒ラベルと白ラベルは生もあったけど、今回朱は火入れのみ。



20160718_184542~01

20160718_184552(0)~01


前置きが長くなったんでお腹が減っちゃったよ。

立ち香はまあまあ香りますかね。
比較的軽快で酸を基調とするような香りにで、僅かにトロピカルな感じもあるかな?
なお上記は口開け直後の感想で、2杯目はかなりトロピカル。
パッションフルーツです。

うおぅ、含むと全然ちげえ!
酸もあるんですが、非常にグッドな、濃密な甘みがあります。
そして香りの爆発。
トロピカル+バニラリー。
パッションフルーツ、確かになるほどといった感じ。
わかりやすく言ったらバナナジュース、まではいかなくてもバナナリキュールですね。

こりゃ美味しい、文句なしだ。
柔かくクリアーで、飲み口が良い。
甘みはあるけどライトな酸でスカッと。
フィニッシュはスムースで、それこそ今日みたいに暑くてもゴクゴクいけますね。
ちょっと苦み、ザラツキがあるが、値段考えたらOKでしょう。
またいろいろな料理に合いそうだな~。



これはそんなに難しいこと考えないでほしい。
俺はそんな店好きじゃないけど見た目だけはやたらオサレなカフェバーとかで出してみたいお酒。
いっそパッションフルーツを一切れ、グラスに添えて提供したいね。

4合で1188円(何度も言いますが税込です)。
チリ産500円は流石に無理だけど、ちったあマシなデイリーワイン、くらいの値段です。
日本酒でいえばパック酒とはいかんけど、スーパーで売ってるちゃんとした雰囲気のお酒には近い価格。
それでこのポップな最先端仕様の味わいですから。


ぜひ来年は生、直汲みでお願いしたいところです。
もちろん、もっとお金とっていいからね。
あとは低アルでこの味わい出せたら、また大ヒット商品になりそう。
笑四季、もうちょっとちゃんと飲んでいかないと。



2日目。
あいかわらず激しくトロピカルな含み香はパイン成分強めに感じる今日。
酸もまたフルーツ感満載でビビッド。
そしてそれより驚くのは酸に包まれた甘みですね。
酸が強いので、そこまで甘い!ってほど主張はしないが、甘みは強い。
そして何といえばいいか、シルキーで上質な甘みなんだなあ。
これがあるからワンランクもツーランクも上に感じますね。
また、くすみなくクリアーで火入れとしては、ほんとに良いのでは?

これが不思議と魚介なんかにも合うよ。
ジャンクな魚介に合わせたくてマグロのたたきを買ってきたけど違和感なくいけちまう。








2 Comments

日本酒ビキナーズ says..."はじめまして"
はじめて投稿させていただきます。
日誌さんのBlogを見て1年半前、そこから日本酒に目覚めたと言っても過言ではありません。
毎日更新ないか確認させていただいております、大ファンです。
今期も、昇龍蓬莱77、萩乃露 別誂え、開運愛山、而今雄町・・ほかにもあったようなぐらい追いかけています。
そして今回の朱ラベルの生おりがらみを飲みました。生おりがらみシリーズは、モンスーン、インテンスなどすべての銘柄にも存在し特約店の一部のみリリースされているようです。それもどれもさらに安くSensationは税込み2,160円でした。感想は日誌さんがおっしゃる通りで、生だからかもしれませんがクリーミーで苦みが強いのかフィニッシュはスパッと切れます。ちなみにガス感はほとんど感じませんでした。
 今後とも通販は全くしない近所の酒店のみの購入ですが、引き続き出来る限り追いかけていきますのでよろしくお願いします。目標は私からお勧めできるお酒を日誌さんにお伝えすることです。
*今マイブームは昇龍蓬莱/残草蓬莱で先日購入した1年熟成したQueeenの活性にごりを梅雨明けしたら飲むのを待ち望んでます。
2016.07.23 16:36 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: 日本酒ビギナーズさま"
はじめまして!
コメントとっても嬉しいです。
1年半もご覧いただいているなんて……もっと早く声をかけてくれればいいのに(笑


昇龍蓬莱77、萩乃露の別誂えなんてなかなか渋いとこをチェックなさってますね。
朱ラベルに生のおりがらみなんてものがあるのですか!
それは知らなかった、そっちにしときゃよかったなあ。
貴重な情報とレポート、感謝です!

ぜひこれからもよろしくお願いします!
読者さんからのおすすめはいつでもお待ちしてますんで!


1年熟成したQueeenはあけるとき噴かないように注意してくださいね(笑
しかしイイですね、熟成モノ。
そちらもぜひ感想をお聞かせください!



2016.07.24 15:10 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/1273-bda15ca6