日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

【74】亀甲花菱 大吟醸 斗瓶囲い あらばしり 23BY

日本酒
  • comment0
  • trackback0
えらい久しぶりになってしまいました。
あまり量が飲めないので一升瓶を買うとだいぶ間が空いてしまいます。
さらにネット環境の変化などもありまして。

さて埼玉の亀甲花菱
山田40の大吟醸、斗瓶囲いのあらばしりになります。
うーん、贅沢だ。

201209011




さて、香りはというと、メロンや洋なし、リンゴやマスカットなど。
ありきたりな比喩ですが大吟醸らしい華やかな香りです。
熟したフルーツの甘さですが、さわやかに香ります。

キメの細かいタッチ。
結構寝かせているんですがフレッシュです。

ミルキーな米のうまみがきいた極上の甘みがじわわっ。
そこにきれいな酸が同調。
さらりとしつつもきゅっとしまった酒質。
甘みをたたえてそのままとろーっと流れます。

こりゃあ美味いなあ。
あらばしりなので荒さはありますが、それがフレッシュさと味の幅を出しています。
もうちょい微発泡があったら最高だったかな。
モノによるのでしょうが、僕のにはほとんどありませんでした。

極上の大吟醸。





関連記事
スポンサーサイト



Comments 0