日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

【78】佐久の花 純米吟醸 山田錦 ひやおろし 23BY

日本酒
  • comment2
  • trackback0
またもや随分と間隔が開いてしまいました。
風邪をひいてしまいまして。
季節の変わり目ですので皆さまもお気を付け下さい。

さて、今季2本目のひやおろし。
長野県の佐久の花です。






香りはイソアミルのバナナ香。
わずかに熟成香のようなものがある。

まずは冷やしていただきます。
含むときゅっとミネラリーな酸が前面に。
さっと平坦に広がります。
かなり酸が高い。

ゆっくり味わうと仄かな甘み、苦渋のある枯れたような旨みがじわーっと。若干の辛みあり。
酸を基調に、すっと流れてゆきます。
うーん抑揚の無い味わい。
これは冷やには向かないか。


常温に近い温度まであげると……。
バナナ香とようやく少し存在感の出てきた優しい甘みが合います。
旨みも先程よりは出てきますが、それにしても酸目立つなあ。

熟成の嫌な感じは無い。
辛みでしっかり切れる。ドライです。
紹介文によるとしっかり完全発酵させたとありましたが、本当にそんな感じです。
まあ辛口のお酒なんでしょう。
料理には会うのかもしれません。

3日目。
基本的には変わらず。
ちょっと嫌な感じの熟成香が目立つか。


はっきり言って今年ワースト3に入るくらい楽しめなかったお酒。
子供舌で辛口酒の良さがわからないのでしょうか。
本当に何をしたいのかわからないお酒でした。
旨みは広がりがないし、酸は浮いてるし。

やっぱり「冷やおろし」はなぁ……、そんなことを思わせる酒でした。
この時期でも素晴らしいお酒をだしているところも多いんですけれどね。
「冷やおろし」って謳っているものほど外れが多い気がします。

関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

タッキー

お疲れ様です。以前拍手でコメントさせて頂きましたタッキーと言います。冷や卸は出来の悪い酒を飲めるまで寝かした酒だと思っています。堅く造った出来の良い酒は飲み頃に成っても冷や卸とは言わないですよね!私は冷や卸は買う気になれません。

  • 2012/09/26 (Wed) 16:39
  • REPLY
日誌係
Re:

タッキーさん、コメントありがとうございます。
冷やおろしについては否定的な意見をお持ちの方が身の回りにも多いです。
すべてが駄目とは言いませんが正直ハズレが多い。
ただ冷やおろしが駄目だと、飲むお酒がなくなるんですよね~この時期は。
こまったものです。

  • 2012/09/27 (Thu) 08:48
  • REPLY