FC2ブログ

日本酒感想日誌

【614】初雪盃 純米吟醸 五百万石 直汲み 23BY

  0   0


愛媛のお酒ですね。
初雪盃です。
3年くらい前に松山にいったとき酒屋でみたな~。

福井産五百万石55の純吟。
直汲み生原酒の23BY、がっつり熟成酒です。
入荷は今月で、蔵元からの再入荷分だった模様。



20160922_003659~01

20160922_003431~01




そんなに色ついてないけどね。
頂きましょう。

比較的香りますね。
パイン、フローラル、バニラ、柑橘。
さらっと上品なお菓子のような甘み。
ほんのり酸も入ってまだフレッシュさも感じるくらい。
とろっとしつつ透明感もありますよ。

熟成酒らしい質の高い甘みが伸びること伸びること。
ここから熟成感が出てきます。
ナッティな感じがありますね。
でも飲んでいてうえっって感じはそんなにしないかな。
少し枯れたような風味とともに表に出る瞬間はある。
程よく練れた旨みは、甘みと一体となって広がります。
フィニッシュはとろっと、比較的スムース。
少しじわっとドライなタッチが残るかね。

なるほど。
熟成酒なので、その風味がところどころ顔を出すのは嫌な人もいると思うけど。
このお酒はとにかく甘みですね。
最初から最後まで、品の良い甘みが存分に味わえます。
トロピカル&フローラル&スイート。
純度の高い、上質な甘みがとにかく続いて幸せ。


あーフィニッシュから余韻のとこでは熟感が出るけど。
それ以外は別に古酒好きじゃなくても気にならずに飲めるかなあ。
だんだん酸もできて、パイン感のシロップみたいな雰囲気も少し。
お米の枯れたニュアンスなのか、ある種の苦みっぽくでて立体感、アクセントになっている。
これは独特だけど、よく作用していると思うけど。
ただ甘いだけじゃない。

あーでもこの甘さはとにかく幸せですね。
純度高い、深い。
けど柔かくて、かつサラッと軽やかに溶けます。
これ新酒もある蔵だけど、熟成酒ばっか出させてるのもわかりますね。
しかも3年熟成のくせに綺麗に香るなあ。
本当にトロピカル&フローラルだ。
これは美味いね、俺は好きだ。



一応お燗もやっておきましょうか。
冷やがどんどんうまくなってきたので、お燗は少なめでいいか。
ほっこり香とフルーティの競演。
おおお、燗もクソ美味い。
なんだこの優しいミルキーな甘みは。
さらに軽くなって優しい!
たまらんなコレは。
かえっていやな熟感が消えますね。
でも奥に熟成酒らしい良く練れた旨みが、甘みと調和。
さらっとした入りから、深く潜るような甘みと旨みのハーモニー。
そこに微妙に酸が絡んできたりしちゃってパイン?
こりゃいいわ。
この燗やばいぞ。
軽いけど深くて、スイートだけどフルーティだ。




こだまさん、ありがとう。
一度こだまさんの熟成酒は全部やっつけちゃわないとダメだわw
あまりにも出来のいいのが揃いすぎ!



2日目。
味がとんだかなあ。
あとはやっぱり、ナッティな熟感がけっこうある。
フルーティさもあるんだけどね。
これは嫌な人は嫌かもなあ。

今日は冷え冷えはダメっぽいので、常温に近いところで勝負かな。
不思議な感じだなあ。
フルーティな香りと、熟成っぽいビターなニュアンス。
やっぱりややスッキリとしてしまった。
それもミルキーな甘みは健在。
旨みがあり、後半は酸なんかも感じさせてサラッとフィニッシュ。
でも余韻は熟成酒っぽい。

燗も昨日の特別な感じはないかなあ。
それでも美味いけどね。
フルーツ感と熟感の絶妙なコラボ。
だいぶすっきりしたけど甘み。
今日はお燗のほうがやや苦みが出ますね。
でもやはり甘みの広がりと伸びは幸せですねえ。







Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/1419-03f17156