FC2ブログ

日本酒感想日誌

【671】白老 特別純米 若水 槽場直汲 28BY

  0   0


愛知県の新興のお酒に注目しています。
マイフェイバリットなほしいずみ、あるいは二兎、今年やりたいと思っている虎変など。

白老もその一つ。
ほしいずみと同じ、知多半島のお酒。
比較的クラシックなお酒で熟成志向だったのですが、改革の兆しアリ。
今回のような直汲みなど、シーンの最前線で戦うためのスペックを増やしている最中の蔵。

今回選んだのは、地元知田産の若水60。
9号で醸した特別純米、直汲み。

ついでにオマケで頂いた、五百万石ver.のサンプルもあります。
こっちは南砺五百万石60の7号酵母。
日本酒度+10、酸度2.1、アミノ酸度1.7だそうで。
若水と比べると日本酒度が随分違いますね。
ただ志向する味わいの設計は同じらしいです。


20170121_020539~01

20170121_020553~01

20170121_020639~01


ある程度、旨辛な感じを想定しているので。
その中での甘みのや香りの出方を注視していきたいところ。


ん、予想ドンピシャな感じ。
そして美味しいです。

香りは難しいなあ。
ややブドウ的で、仄かに甘さ。
あとは柑橘に、ちょっと円やかなイソアミルもあるような気も。
香るタイプではないですが、味わいに清々しさをプラス。


味わいは酸もきいてシャキッとした旨みですが、同時にクリーミィさもある。
ミクロなバブルにのったさらりとした口どけが非常に秀逸。
舌に気持ちよく、またそのさなかに控えめながらバニラリーな甘やかさを。
この辺に感じる仕立ての良さ、素晴らしいですね。


ジューシーさがあり、エレガントさもある。
酸、甘み、旨み一体ととなってすごく良い。
フィニッシュへ向けてはやや青いほろ苦さを感じさせつつ。
辛くはないしキレるって感じはないけど。
ちょっと太めの酸で、いいフィニッシュ感ですね。

あ、ヤバい。
甘さが出てきた。
これは良いぞ~鳥肌。
ブドウやバニラの甘やかさ。
もちろんはっきり甘いわけではなくて、旨みや酸で巧みに表現してくる。


これは良いわ。
やはり俺様の見立てに狂いはなかったか。
かなり良いですよ。
残草蓬莱なんか好きな人とかにはおすすめ?
あそこまでキラキラ感はないけど、その分甘やかさの表現力はこっち。
シャキッとした旨さから、ふんわり甘みが来るんですよ。
これが本当に鳥肌モノ。
これは良いわ、おススメ、イチオシでもいいか。
あえて言えば、新酒ならではの荒さもどうしてもフィニッシュにあるので。
ほろ苦みと酸の干渉。
今日は全然いいんだけど、明日ちょっと落ちそうな気がするが、どうでしょう。
酸がもう一回りスリムだったら完璧かな。
ただこの時点で何も食べずに酒だけで1.5合くらい行っているので(笑
この酸味とか厚みが脂を流してくれるって感じは絶対あると思う。
これお酒だけでもいける美味しさなんですが、メシに合わせてもかなり良いと思いますよ。


これが売れないなんてありえないな。
これをただの辛口として売らないでほしいんだよ酒屋には。
辛口ってジャンルに組み込むのは分かるんだけど、この甘み、表現して伝えてあげないと。
いや本当に旨いですって。




オマケの五百万石行くよ。

香らないお酒ですが、香りのキャラは明らかに違う。
ヒトケタ酵母でも9と7は違うな~。
7号は意外と色んな表情ですよね。
9号は今回のブドウも割とわかるなって感じなんだけど。
セメダイン系で、これはこれでイイね!
コクのある甘さというか。
流石にガスはないね、小分けだし。
+10ほど辛くはない。
ただし少しドライでスモーキー?
その分序盤から中盤にかけては逆に少しバナナ的な甘さ。
すこしコクがあるようなね。
そこから、若水より鋭い酸で切れあがってくる感じ。
あーこれも良いね。
小分けで時間たってる割にこれならイイっしょ。
この感じだと、若水の方も明日以降も期待だな。

からの若水がえし。
やっぱこっちだね、ブドウ!!
ふわっとソフト。
甘やかさ。
でもきちっと酸やら旨みのボディがしっかり。
いいよいいよ~。



2日目。
良いですね~。
柔かくて軽やか。
けっして甘くはないですが、甘やかな香りが繊細にふわっと鼻に抜ける。
少し乳酸っぽさもあってトルクのあるような酸を感じさせつつ。
ガスなのかミネラルなのか微妙ですがパラパラと。
主に酸によるところですが、程よい飲み応えを感じさせつつ、するっと流れます。
これはグッドです、おススメ。

ボリュームは繊細なんだが、甘みがさらに出てくる。
この果実感の表現力の違い。
軽やかにとろっと流れる最中、舌にパラパラとガスがほんと気持ちいい。


4日目。
少し残しておいたのを。
あれ、かなりバナナが出てきてバナナジュース感。
とろりと滑らかでノビ感があり、ちょっとアル添のお酒っぽいような感じ。
また甘みも出ていて、濃厚さが段違い。
まだまだちりっとガスもあって。
ほろ苦い柑橘の皮のようなニュアンスを感じさせつつ、すっと切れ上がる感じ。
全般に綺麗でクリアーだし。
やっぱりすごく質が高い。
寝かせても面白そうな感じもありますね。







Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/1591-95b33930