FC2ブログ

日本酒感想日誌

【672】弥栄鶴 亀の尾蔵舞 無濾過生 28BY

  0   0


京都でも日本海側、丹後のお酒。
弥栄鶴の蔵舞というシリーズ。
お米にこだわったシリーズらしくて、祝米、旭米、祭り晴など珍しいお米を使ったシリーズ。

選んだのは亀の尾です。
お米によって味わいの設計、使用酵母などは全く違うようです。
これは亀の尾60を18号、生々。
本当はもっと書くことあるんだけどめんどくさいからこんなもんで。



20170121_233302~01

20170121_233319~01


立ち香はまさに18号。
ブラインドで利いてもわかりますね。

あーごめんなさいNG。
わざわざ飲もうとは思わないお酒。


少しとろみがあって、滑らかなタッチ。
ちょっとブヨっとしたような感じ。

あまり甘くない。
甘いんだけど酸と苦みが干渉してくるような感じ。
ワイルドで味わいのノイズが多い。

含み香も綺麗に香ってくれないんですよねえ。
少し、もっちゃりとした感じで。
かといって旨みがあるかと言われるとそうでもない。
酒質としてはややクリアーか。
渋み、苦み、収斂性なども感じさせつつ、やや辛みを感じさせるフィニッシュ。


うーんごめんなさい。
2杯目に行く気がしない……。
失礼でございますが、この手の田舎のあまり聞かない酒で甘口志向、ってこのタイプの失敗が多いんだよねえ。
これで今年だしました!ってならまだわかるけど。
地味に何年もつくってんだよなあ。
もうちょっと他のお酒飲んで勉強したほうが良い。
いやこれが目指す味わいですって言われたらもうしゃーないんだけど。








Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/1594-d870af2f