FC2ブログ

日本酒感想日誌

NO IMAGE

日本酒ブロガーがはじめる本格ワイン:前日譚

  5   0


ぶっちゃけ日本酒もだいぶやり切ったなという考えが頭をよぎります。
わかりやすく言うと飽きてきた。
美味しいお酒飲んでもあまり驚かないんだよね(笑
あー、こっち系ね!いいじゃんいいじゃん良くできてるよ!的な。
何様だよという感じですが。

それで他の酒類もいいもの飲んで浮気していこうかなーと。
そのなかでもワイン。
自分も30すぎていい歳になり、そろそろワインの一つも語れるようにならないと恥ずかしいなと。
ちょっと勉強していこうかなと。

むかしはワインあまり好きではなかったんですよ。
僕はいまでもビールが好きじゃなくて、日本の大手はNG、クラフトビールはかろうじて。
それも年に2回か3回飲みたいときがあるくらいで、酸味×渋みみたいのが苦手みたいな感じ。
でワインも同じような感じで、飲めるけど積極的には…という感じだったんです。
それで俺は日本人だ!甘党だ!欧米なんてクソだ!日本酒党なんだ!となったわけですが。

最近、飲みにいったり飯食いに行ったりの時に飲んでみると、素直に美味しいな~とおもうことが多くて。
それもそんな大したことないやつですよたぶん。
なので、前置きが長くなりましたが、月イチくらいでワインをやっていこうかなと。



そうなったときに、圧倒的に経験が足りないので、どっから行くかとなると王道から。
それも良いものをのんで、質で経験を補っていこうかなと。

で、ワインってお店によって結構値段が違うので、ネットのワインショップで買うのが良いってくらいは知っていて。
数日ワインのネットショップを見ていて知った事。

その一、良いワインの飲み頃良ヴィンテージのなんてとっくに刈りつくされていて売ってない、もしくはバカ高い。
その二、僕が現在日本酒を楽しんでいるような質と頻度でワインをやることは物理的に無理。


良いワインほど、飲み頃が20年先30年先ならしいですが。
良いワインの飲み頃ヴィンテージなんてもう市場に無いか、超高価。
じゃあボルドーのいいシャトーのいいワインを今飲むとなると90年代80年代が欲しんだけど。
今手に入りやすいのはせいぜい00年代なんですよね。
さらに当たり年、となるとぐっと少なくなる。
パーカーポイントがいいなんてなるともうね……。

じゃあどうすればいいかというと、まず一軒家買って、大規模な地下セラーつくるとこから(笑)
これたぶん本当にマジの話。
でもって10年先に向けて、ワインを買い集めていくと。
それで10年後になってようやく飲み頃のほんとに高級なワインを、コンスタントに飲めるようになるというわけです。
酒代くらいは何とかなっても、一軒家はきついし、年月の壁は超えられない。
いやハマったらマジでやるかもしれないけど。




こりゃ素人が明日ちょっといいワイン飲もうという程度で、どうこうあがいても無駄だなと悟りました。
そもそも素人だしコレがいいだの、あのヴィンテージはどうのだの知らんからね。
なので潔く新宿伊勢丹に行って、店員捕まえてこう言いました。

1本5万まで!
ボルドーとブルゴーニュ1本ずつ!!
寝かせたりするんじゃなくて今のむやつ!!!


というわけで出てきたのが、とりあえず今月やる2本です。
雑な注文で店員も困ったでしょうが、新宿伊勢丹に行って上記の注文をすると奥からコレが出てきます。
なにかの参考にしてください。
まあ日本酒で、酒屋のおススメなんてクソの役にも立たないことくらい知ってるので、大したことなくも文句は言わないです。
俺はそんなに人のこと信用していない。
高いワインはこういうもんだ、ということさえわかれば結構。



オマケ。
買ってきて困ったのが保存の問題。
まず買ってきてすぐ飲んじゃダメ、できたら1週間落ち着かせて、とのこと。
まあこれは日本酒も同じといえば同じなのでわかる。
そんでもって暑いのはNGだけど、寒いは寒いのでNGらしいじゃないっすか。
冷蔵庫がいいか悪いか問題があるみたいで。
めんどくせえ……真夏とかどうすんだよ。
ネット叩くとワインは野菜室、みたいなこと書いてあるけど。

ウチ、野菜室とか棚とか取っ払ってるから!
1升瓶、立てて入れるからさ…。
普通の冷蔵庫も酒と調味量しかはいってねぇし……。


ハマったら小さいセラーでも買います。



というわけで経緯を書き始めたら長くなったので、本編から切り離して前日譚にしました。
日本酒ブロガーがはじめる本格ワインシリーズはじめます。
今回だけで終わるかもしれませんが。








5 Comments

サンジュリアン says..."ワインは産地と作り手"
毎度です。

自分なりのワイン選びの結論は、産地と作り手のマトリックスで概ねそのワインのスタイル(質も)が分かります。
歴史も長いのでワインの本 特にMW(Master of Wine)の有資格者やロバート パーカーに代表されるライターが書いたものが参考になりますよ。
田崎真也さんに代表される日本人のソムリエさんが書いた本は利点は述べるが、欠点には寛大な評価が多いので正直余り参考になりません。

赤ワインなら、作り手と産地が明確で格付けされてるボルドー(所謂シャトー)が入り易いですし、一番奥深い範疇だと思います。
ブルゴーニュは産地(畑)自体が格付けされてるので一見分かり易く見えますが、同じ名の畑を分割所有してるので、作り手と合わせて選ばないと外れを引きます。

ボルドーのグランヴァンの一番厄介な点は飲み頃 まで時間がかかるということでしょう。そんな中でも若い内から飲める格付けワインは有ります。
左岸のメドック地方なら、南メドックエリアやマルゴー村のワインなど、
右岸なら、サンテミリオンやポムロールの軽めのモノ
あと、値段と質の関係ですがボルドー赤の場合、
インポータの希望価格(大体デパートの価格)で、レベル境界は、~¥1500/2500/5000/8000/12000/20000~ と思ってます。
¥2500まではデイリー用 で値段に質が比例
~¥5000 は チョイ良いワインだけれどグランヴァンはまれ
¥8000-20000は懐事情で宝探しゾーン
¥20000超は質より希少性価格
実際¥8000-12000で色々飲んで気に入った物を見つけるのが得策だと思います。
因みに居酒屋、レストラン価格はこの定価の2-3倍の値付けですので、レストランで¥20000のワインは家で飲むなら¥6000以下で買えます。

ブルゴーニュの場合はボルドーの1.5~2倍が同等レベル(味は違います)です。ショップ価格で¥3-40000以上の物は質というより人気度と希少性で値段が上がります。
¥5000(定価)以下で旨いの探すのは砂山で針探す様なものですが、マイナーな産地ならあるかも知れません。
一方ブルゴーニュは若い内から飲めるのがボルドーとの違いです。¥1~20000で自分のオキニを見つけられればハッピーです。良い作り手は大体安くないのと、直ぐ売り切れになるのでワイン情報誌などやネット情報で調べて通販で買うのが一番オススメな方法です。

2017.04.19 19:30 | URL | #- [edit]
みりん says..."この頃からだったのですね"
日誌係さま

なるほど、この頃からだったのですね。
今でも流行になっているような日本酒に飽きてしまったのは私もまだ覚えているので、書かれている感覚は少しわかるような気がします。日本酒に少々限界を感じていた頃に(ずいぶん前ですが(笑))最初に感動したワインが貴腐ワインのイケムで、その後結婚前の妻と飲んで感動したシャンパンがサロンだったりしましたので、その辺を経験した事で甘い系統の日本酒や発泡性の日本酒を冷静に見られるようになったように思います。
ただ、今でも相変わらずに良い状態の龍力の秋津等のような日本酒は色褪せない魅力があると感じています。飽きずにいつまでも好きでいられる・・・そういうお酒が私達は好きなようです。

2019.07.07 17:10 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: みりんさん"

日本酒もかなりのハイペースで10年近く飲んでいるのでどうしても飽きはありますね~。
ワインはまた違った美味しさがありますし、ワインでの気づきが日本酒をより楽しませてくれたりもするので、ありがたい存在になっています。
イケムやサロン、うらやましいですね(笑

とはいえ僕も基本的にはやはり日本酒の人間で、同じ価格帯なら絶対に日本酒のほうが好みです。
ワインは正直かなりの金額を出さないと美味しいと思うものに当たらないなーと。
日本酒の中にもワインのトップオブトップに負けないものもあるので、これまで以上に日本酒も楽しんでいけたらなあと思っています。


2019.07.09 02:57 | URL | #- [edit]
みりん says..."To 日誌係さま"
サロンは何回か飲んだ時の5倍くらいの価格に今ではなってしまったので、まあもういいかなと言う気分です(笑) イケムの値上がりはそれほどでもなく、倍にもなっていないような気がしますが、あの凄い感じは当時でも価格以上の価値があると感じました。他の貴腐ワインも安くて美味しいのも含めて色々と美味しいのに出会ったりもしましたけど、イケムのあの感じには及んでいない気がしています。

日本酒の魅力を確認するためにワインを始めたのは私も同じですので、是非日本酒ライフを充実させるためにもさらにワインの方も楽しんで頂きたいと思います。私自身もそうでしたが、最初は価格がある程度高くても経験のために思い切って行ってしまいましたが、サンジュリアンさんが価格についてレスされておられましたように概ねそんな感じかと私にも思われます。ただ、スペインや新世界を加味すると価格大きく超えて素晴らしいものがある事を先人に教わったりして色々と知ることも有りましたので、是非こうした良いギャップのあるワインとの出会いがある事も願っています。と言いながらもやはり日本酒の方が好きなのですが(^^ゞ
2019.07.09 14:57 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: みりんさん"

ワイン、ウイスキーなんかもそうですが値段が凄くて困ってしまいますね~。
本気で10年前にタイムスリップして買い込みたいです(笑

貴腐系も好きでイケムなんかやりたいところですが、甘いのでいうととりあえずマルセルダイスで満足しています。
新世界や、あるいはヨーロッパでも、きっと安くて美味しいワインはあるのでしょうが、それを発掘するまで手を広げられないのが今のとこです。
致命的に日本酒に飽きたら本気でワインのほうに行くかもしれませんが……。
飽きた飽きたといいつつもなんだかんだまだ日本酒を買ってしまうので好きなんでyしょうねえ(笑
2019.07.09 22:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/1683-105e59b3