FC2ブログ

日本酒感想日誌

【794】亀萬 野白金一式九号酵母 純米吟醸 山田錦五割五分磨き 28BY

  0   0


なんとなくそそった新規銘柄。
熊本県の亀萬
全然知りませんでしたが、関東でもいまでやさんとか伊勢五本店さんなどで取り扱いあるみたい。

熊本県内でも南の方で、日本酒中心の蔵としては全国でも最南端なんだって。
焼酎や泡盛のついでで出してるところはほかにあるけどね。
蔵元杜氏は31歳と若く、お決まりの東農大組。
このパターン飽きるくらい増えてますね~。
みんなさすがにはずれはないんだけど、大当たりもないという事実。
小手先の画一的な造りは勘弁してほしいなと思いつつ。
このお酒はどうでしょう。

熊本といえば9号酵母(熊本酵母)ですが、その開発者の名前をとって野白金一式九号酵母とし、強烈に押し出しています。
とりあえずは定番ということで、山田錦のものを選んでみました。
火入れですが、一火です。


20171025_005401~0120171025_005417~01


非常にオーソドックスなお酒。
悪くはないですね。

香りは含んでもほぼ香らないといってよいレベル。
ほのかにお酒の甘さと柑橘っぽいのが漂う程度。
程よい円やかさと穏やかな甘み、コメのエキス感を感じます。
ややバニラアイスっぽいニュアンスからスッとした清涼感が立って抜けるとともに。
エキスに柑橘様の柔らかいタッチの酸味が混じり、フィニッシュへと流れだす。
切れ味はスパッといさぎよく、かといって辛すぎるわけでもなく好ましい。

派手な個性はないですが、決して悪い出来ではありません。
あえて言えば少しギスギスしているのかなあ。
やや酸味があるほうで良い抜け感、視界の広がりもあり軽快に飲めるのですが、フィニッシュへ向かう過程で、軽く苦みがある。
それは別に悪くはないんだけどちょこっとだけノイズがある。
なんだろうなあ。
すこしざらついてんのかな。
微小にアルコールがたつというか、焼酎っぽいニュアンスがあるというか。
なんかちょっと砂っぽい様なニュアンスもラストあたりで感じますね。
ちょっとやなニュアンスが残るかな。
でももう少し華やかになればそれがベリー感を引き立てたりするからな。

とはいえ全体の流れはスムースですし、この時期らしいまろやかさもいい具合に出つつ。
旨いバランスでまとまっているとは思います。
気兼ねなく飲めるんじゃないかな。



次はもうちょっと造り手の顔、個性をみてみたいなとは思います。
せっかく9号の純吟なんでもうちょっと香り出してもいいと思うけどね。
バニラアイスでメローな雰囲気が微妙にあるので、もうちょいメロン香なんかでたら好きなんだけど。
いや出てるのか?
少し温度が上がってくると、ふわっと柔らかく楽上品で可憐な甘みもはっきり感じるようになり、その中にメロンからややベリーっぽい様なものも感じます。
これはなかなかいいですね。
またフィニッシュの良さはミネラルって程でもないですが軽い辛みにそういったモノや微妙に舌にジンとくる立体感も感じるので、もうすこし今っぽくしても映えるのかななんて思ったり。
その辺のバランス感覚もいいし、それでいて程よいまったりの懐の広さも感じるしね。
こなれてくると良いね。


いやあ、いいですよ。
ゆるりと飲むとなかなか心地の良いお酒です。
わずかに今っぽい絶妙のスタンス。
秋だけどひやおろしに逃げずにきちんとしたものを保っています。
ちょっと楽しみですね。
無濾過生の商品もあったみたいなので、次はそれかな。
結構好きで、まだちょっと疎遠なんだけど、シャイな造り手の人柄がゆっくりじんわり伝わってきそう。
温暖で造りには厳しい環境なだけに、氷をぶっこむ必殺技があるらしい。
その辺なんかもフィーチャーしていけると面白いんだけどな。
基本のものがしっかりしているだけに。
結構好きですよコレ。



2日目。
あれぇ、これやっぱ旨いですね。
少し温度高めにして飲んでいますが、奥の後でも物足りなさを感じません。
ちょっとびっくり。
程よく練れた円やかさ。
甘みと旨みに爽やかな酸味があり。
香り高いわけではないですが、まあバナナ系なのかな、程よく。
火入れにありがちなスッキリ過ぎて物足りないってことは全くないです。
むしろ円やかに味わい多めの中で、高めの酸とスッとしたキレ。
香るわけではないんですが、果実味を湛えているんですよねえ。
バナナ、柑橘、ややめろん。
いやあ美味いっすよ。



3日目。
いやあ、これいいっすね。
円やかさの中のさわやかさ、切れの良さ。
軽くバナナなベースの柑橘がいいアクセントというか。
そういったものが際立ちますね。
素直な好青年に育った旨みといい非常に好印象。
派手ではないですが素晴らしいお酒です。
玄人の方にぜひ。

たとえば料理にある程度自信がある、そして日本酒はそんなに本数は置けない。
そういったお店に自信をもっておススメできるお酒です。
価格帯もそうですし、火入れで、ぬるめの冷や~お燗まで行けると思います。
単価の高いしっかりしたお店ほどおススメですね。

カマルグから楯野川、奥、亀萬と酒仙堂堀一購入シリーズ4本が奇跡のハイアベレージ。
一度に買ったお酒でこれもSにしてもいいくらいのお酒なんで、そうする4本中S評価4本ですよ。
これはちょっともうないんじゃないかレベルの的中率でした。
ありがとうございます。
そして選んだ俺天才。




Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/1954-ae156b3e