FC2ブログ

日本酒感想日誌

【808】龍力 大吟醸 米のささやき 荒走り袋しぼり斗瓶取り 29BY

  2   0



この手の新酒はフレッシュコンディション命じゃねーの!?
ということで金曜日に買っておいたこちらを。

先日とある商品を絶賛した龍力
龍力ファンを名乗る読者様から荒走りのおすすめが入ったので早速。
この商品があることは知っていたのですが、蔵元曰く今年のものはかなり出来が良いとか。
龍力ブーム、来るかもしれません。


yk35、9号酵母と王道を行くスタイル。
お米はもちろん特A山田錦。
そして2017.11製造なんで、29BY。でいいんだよね?
生原酒です。



20171119_231512~01



おらぁ!
しかしやりすぎなくらいゴージャスなパッケージ。
まあ高いんで。

なんか見た感じにごりがある荒走りじゃなさそうですけどね。
とりあえず上澄みから。

香るねえ。
香りが立つタイプの器じゃないんだが、特に嗅がなくてもふわっと香り来る。
王道を行くマスカット系の香り。


そして旨い。
はずさねえなあ。
香るとは言いましたが、確かに香るんですが、軽やかでしつこくはないです。
ふわっと軽く飛んだ後に、また液体が香りをまとって迫ってきます。

入りから、全体を通して奥吉川ブルーよりも軽め、ややあっさり。
これは磨き35ということでしょうね。
ただし明らかに味わいは同じ系統に属するもの。

ふわっと軽やかに甘みが広がるが、味わいの芯は強く、長く長く続く。
ほろほろ来るような軽いミネラル感。
キラキラではなくてややいぶし銀ながら、空中に舞いつつ、腰のすわりの重さ。
そしてクリーミィさも健在だ。
ミルキーな甘旨が続く続く。
香りは少し当初と違ってきて、なんか少し高級なお茶みたいな香りになってきましたね。
バニラのあるラムネっぽいといえばぽいのか?
いやエキゾチックなフルーツをやや薄めた感じか。
瑞々しさと明るさを担保するだけの酸味がきちんとあり。
するりと流れつつも、味わいが後追いして、これまた長い余韻。
フィニッシュのとこでピリッときますが、これはまあ大吟っぽくいもの。
生っぽいノイズとかできの悪さはないですね。
もちろん火入れして寝かせれば昇華していくでしょうが。
軽ーくビターさは感じますが、全体の軽やかさと歩調を合わせるもので、またこのお酒にはしっかりした甘旨みがあります。
そっちから支えるのでね。
刺々しさや粗さは感じず、そしてやっぱりミネラルのシュッとした溶けていくような心地よい流れです。



価格を持ち出されたら何とも言えませんが、奥吉川ブルーで感じた良さをこのお酒でも感じることができます。
今の時点でも完成度高く良くできてるし、育っても良いんだろうなあという感じ。
熟成の問題もあってややあっさり風に軽やかですが、そこは好み。
ふわっと舞い上がるような質感で、小気味よいリズム感のようなものを感じます。
お米の味わいはしっかり溶けていますし、強いですよ。


一応攪拌してみたけどやはり濁りはなし。
味わいも特に変わらないかな。
あとは今後の変化か。
まあしかし軽い入りから、しなやかに強く、豊かな広がりで、でも軽くふんわり収束していく。
さすがの旨さ、外さない蔵元ですね。
この時期に、これだけ綺麗・若さと、しっかりした味わいを両立してるのはやっぱり少ないでしょ。
つかこのクラスこの時期に出さねえしなあ。
出せるくらい十分にハイクラスのタマあるってのは良いですよねえ。
また時間がたつにつれメローな果実&ミルキーな甘みの力が響いたり。
奥吉川と比べると濃さ、重量感でいえば一段も二段も軽いんだけどね。
あっさりふんわり軽やか、澄んだキラキラ、それでいて本当に芯が強いんですよ。
ここにきて鳥肌。
でもやっぱミネラル感はハッキリ、強くありますね。
あんまり冷やして飲まないで、結構こなれてきたくらいが楽しいかも。
あとは明日味が飛ぶのか強まるのか。

あえて言えば繊細できれいなところからの膨らみや確かさはうっとりしますが、時が止まるようなパワーまではいかないか。
これより上の商品があるので、何とも言えませんけどね。
荒走りってこともありますし。
この後にレマコムで控える26BY奥吉川にはそこを期待します。

しかし味の出方、全体の仕上がり、蔵元ができがいいというのは納得な気がしますね。
どっから切ってもハイアベレージな表情見せてくれますよ。
29BYまだ2本目ですが、10年に一度のビッグヴィンテージ26BYとまではいかなくても、なんか良さげな雰囲気が?
皆さんはどうでしょうか。
泉川、再チャレンジ福寿こなしたらまた昔の酒に引きこもるので、なんか感触があったら教えてね!



11/26
風邪でぶっ倒れていたので1週間あいてしまいました。
ミネラル感はかなり激しく感じますね。
香りからしていい具合に薄まってかなりミネラル感じ、カマルグなんかにも近い。
最後までそれこそナイフで切り裂くようにスパッといって最後は辛いです。
この辺はさすがにバランス崩れてますね。
それでもラムネっぽい爽やかな甘みでまだ飲めるかな。
温度が高まると大吟的な甘みがまだはっきりと感じられる。
むしろごくごく一般の人とかはこれくらいのが辛口とか言って喜ぶかもね。
個人的には一週間もほっぽってもったいないことしてしまった。
それでもまだ全然楽しめるね。



















2 Comments

龍力大好き says...""
おお、買われましたか。私の場合だと今年の7月なので、まさに29BYになったときだったので、若干香と味は変化しているかもしれません。この季節だといつもお燗にして龍力の山田錦きもと仕込みを冬料理と共にすると美味しいですよ。費用対効果として冬はこればかり飲んでいます。
兵庫県にまだいらっしゃるならば、あまり薦められは出来ないかもしれませんが、姫路駅に龍力ショップ及び試飲が出来ますよ。後は兵庫県の蔵元のお酒がほぼ揃っている日本酒試飲バーの試というのもあります。こちらはもしかしたら、お酒が老ねてしまっている可能性もあるので、あくまで目安として飲むところですが。長々と失礼しました。
2017.11.20 17:26 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: 龍力大好き さん"


遅くなりました。
風邪で寝込んでいまして……。

残念ながら帰ってきてしまっていました。
そういえば龍力ショップの話もお聞きしていたのに、すっかり頭から飛んでいました。
姫路にいこうか一瞬迷ったんですけどね~。

またリベンジします!!
しかし生もともよさそうですね~。
気になります。





2017.11.26 23:28 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2003-a9f9bc30