FC2ブログ

日本酒感想日誌

【810】福寿 大吟醸 おり酒 29BY

  0   0


さて、改めて登場。
4合瓶で買ってきたので家でゆっくりと。

20171129_000300~0120171129_000310~01


まず上澄みから。


まあカプ系の香りですね。
ちょっとカプが濃いかなという感じが今日はあります。

味わいのほうはおおむね変わらずですね。
甘みもありますが、酸の瑞々しさも十分にあり、それをしゅぱっと辛いくらいに切らす。
ガスはないですがミネラル感はギラリとかなり硬質なもので、ミネラル感からのやや粉っぽいような旨みの感じさせ方。
香りは黄桃、ベリー、パイナポー……うーんそんな感じかな。


続いて攪拌して。
味の意味でも香りの意味でもいい具合におりが間を埋めてくれる感じはありますね。
ややとろみが出るのと、結構はっきりミルキーっぽいニュアンス。
カプらしいカプを中和してくれていてだいぶ良い。
ややリッチにとろけるテイスト、キレ感は相変わらずです。
甘い香りとともにミネラル香が抜けて、余韻として残るのですがその辺なんかは抜群。


十分旨いです。
まあ価格が高いので、それはありますが。
ただやっぱり、初見だったことはあるにしても、やっぱり特別なフレッシュコンディションからは一段落ちるかなという感じはあります。
全体の軽さとか抜け感、ブライトさといったようなところですね。
今日のがなにかネガティブな要素がたつというわけではなくて、前のが全体に一回り良かったなという感じ。
この辺もいい勉強になりました。

いやあ旨いんですよ。
やっぱり仙介なんかと通じるものもありますし、改めて灘の実力を堪能させてもらいました。
良い出会いに感謝です。

あーやっぱ落ち着いてくるとハッキリと旨いですね。
やはり明らかに進みます。
これだけ短期間の間に同じお酒をおかわりすることも僕はほとんどないんですが、それでもうまいです。
おり混ぜた方が香りが落ち着いていい具合に収まるのと。
甘すぎない甘み。
ミルキーとフレッシュさ。
そしてやはそこにりミネラル感がバシッと出て、それが甘やかさといいハーモニーなんですね。
これはうまいっす、蔵元直販でこれが飲めるのは神戸の人がうらやましいですね。
これで仙介も龍力もあるんだしそりゃあ他のとこのあんまり飲まないわね。


2日目も落ちないね。
十分なキャッチ―さだけど、それがしつこくない浮かない程度にギリギリに抑制されてる。
やっぱりちょっとだけ花陽浴っぽいかなあ。
トロピカルっぽい感じからのスカッとミネラルフィニッシュアタック。
大吟らしさも十分でやはり進む。
あとはよくアル添の大吟なんかだと味が飛んだりしがちなんだけどその辺も問題なし。
高いんで当然なんですが、いいお酒です。
いいお酒は高いんだよ、高くてまずいのはダメだけど。
まあ今の日本人の大多数にはその辺理解できないだろうしストロングゼロかほろよいでも飲んでればいいと思う。





Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2007-16e00503