FC2ブログ

日本酒感想日誌

【110】白やまユ 純米吟醸 生酒 24BY

  0   0

やまユです。
新政ですね。

相変わらず革命家の佐藤祐輔さん。
今年も山廃か白麹酒母オンリーにするなど新しい取り組みにチャレンジしているみたいです。

そんな彼がここ数年トライしているトピックが生原酒で低アルコールなお酒づくりなんだそう。
この白やまユ、まさにそのラインです。

この点については業界全体の課題(というか悲願?)でもあって、あちこちの蔵がトライしています。
亀泉CEL-24なんかはまさにムロゲン低アルの代表格。
仙禽がワイン酵母で造ってみたり。
祐輔さんも『雪の茅舎』の杜氏の高橋さんに薫陶を受けてのことらしいですし。

ま、つまらない薀蓄はここまで。
興味のある方は蔵元駄文みてください。






6号なので立ち香は穏やかです。
柑橘系の爽やかな香り。

含み香は、あ〜新政!という香。
ひとくち、柑橘のような爽やかな酸が印象的。
わずかにガス感。
主張し過ぎない甘みが心地よい。
奥深い旨みはミルキーというよりいい塩梅の苦渋。
全体の綺麗さや透明感、スムースさを妨げません。

これくらいの度数だと、度数低いな!というのが丸わかり。
軽いけど、ちょっと薄いようにも感じてしまうかなあ。
しかし酸の質感が素晴らしくの本当にオレンジのよう。
オレンジカルピス、でしょうか。


酒こまちってなんか爽やかな酒質になる気が。
ポテンシャルを感じるお米です。
それともただ単に秋田の蔵のレベルが高いだけかな?

余談ですがやまユは寝かせても美味しいですよ。
1月に23BY白やまユを飲みましたが味が乗っていてすばらしかったです。
つか寝かせたもののほうが美味しかった?

実験的なラインだからBY違うと別物だし素直に比べられないのよね。
でもそれがおもしろさだったり。




Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/202-adda123c