FC2ブログ

日本酒感想日誌

【876】裏鍋島 純米吟醸 隠し酒生 29BY

  0   0


鍋島、久しぶり……でもないか。
なんだかんだ年イチくらいでは、ちょこちょこ飲んでます。
ラインナップが少し変わったので本当はクラシックなんかを飲むべきなんでしょうが飲めてないですねー。
飲んだ人感想教えてくだい。
今年は久々に風ラベルでもと思っていたのですが、たまたま裏鍋島を見かけて。

裏ラベルは初めてかな。
なんでか昔から人気あるんですよね、一番人気あって入手困難なくらい、なんで?
多少安いけど、上のランクのもろみ使ってるわけでもないしなんでだろうね~単純に少なくてめずらしいからなのかな。
別にほかの鍋島純吟とそんなに味変わらないと思うんだけどね。

なんですが。
少し前にラインナップが変わって、あらばしりとか活性にごりとか俺が好きそうなやつがなくなってしまいました。
なのであらばしりと責めをブレンドしてるこれが唯一のあらばしりっぽい商品になったので。
その意味ではレア度は増してるのかな。
久しぶりにハイランクも飲んでみたい気もしないでもないけど、今鍋島飲んでもあまり感動はできなさそうなんだよなあ。

磨き50%、生酒です。
山田錦のあらばしりと責めかな。


20180222_010649~0120180222_010659~01


とまあ、ついついイジワル言っちゃいますがこれは好きな子をいじめる小学生男子的な意味合いです。
僕は別に至高の1本を探し求めているわけではないので、鍋島らしさが楽しめればOKです。
最高の1本でもそれだけ飲んでたら1週間もたずに飽きるしな。
最近は特に。
他の酒類もあるしさ。

おっ、久しぶりに鍋島っぽい甘い香り。
なんていったらいいか、マスカットメロンに、いい意味での穀物っぽい落ち着きというか。
ケミカルな感じがしないというか。
味わいはやや濃そうな立ち香ですがどうでしょう。

いいじゃん、いいじゃん。
最近僕が薄味志向になりつつあるので、ちょっと濃いなとも一瞬思いましたが、これは鍋島ですよ。
これが僕の好きだった鍋島です。
久々に瑕疵のない、鍋島っぽい鍋島を飲めた気がします。
去年のオレンジはひどかったからな。
オレンジはもともと好みじゃなかったけど。
その前はサマームーンだったし。
ほんとに好きな鍋島は2015の風ラベル以来3年ぶり。
最近の山田錦や雄町の生はどうなってるんだろう?
個人t系には鍋島といえばそのどっちか、特に雄町が好きだったんですけどね。
あの頃は若かったなあ。
なんか思い出すと新鮮な気持ちになるw
ゆーてやっぱ鍋島好きだったんですよ。

マスカットやメロンっぽいような香り、甘み。
まあカプ系でフローラルもきますが、それもビンビンじゃなくてすこし落ち着けてあるんだよね。
程よくボリュームがありつつも、つるっとしたテクスチャがモダンでエレガント。
おそらく数値的にはおそらく1.5前後くらいで特に高くはないんでしょうが、程よく酸味の刺しが入ってうまく仕上がってます。
たとえるなら、高級本マグロ刺身の酸味感というか、甘み(=マグロでは脂の甘みや旨味)を引き立てるようないい塩梅。
薄すぎず濃すぎず、満足感のあるちょうどいいミディアムなサイズ感。
くちどけ感も十分で、ミネラルっぽさとともにしゅぱっといってくれてエレガント。

いいっすね~。
これこれ。
いまさら鍋島(笑)なとこもありますが、やっぱきちんとハマったときの鍋ちゃんはまだ全然勝負できますね。
地酒フリークのサガでつい新規銘柄のほうが補正がかかることが多いもんでね。
まあお前らのしらん銘柄、超うまいぞドヤってやつですよ。
ゆるしてね。
いつも飲みながら書いてるし。


後半やフィニッシュ、余韻のところで、少し責めっぽい味の出方かな?と思う瞬間もあるんですが、微々たるレベルで抑えられています。
すこーし出てるかなってくらいで、生の新酒のあらばしり&責めにしては雑味なくきれいに仕上がってますよ。
エキスが引っかかるとか、ごつっと硬い生米風味がでるとかってわけでもないし。
根べ島全体が少しきれいめに寄ってることもいい方向に作用してるのかな。
いや、生の雄町と山田という基本の2本をさっぱりやってないので、下手なことは言えませんが。

でもいいですね。
香りのあるお酒で平凡なものだとぶよっとしてくるんですがそこまでいかず、さらに少し辛いくらいにシュパッといってくれる。
このミネラル感がやっぱりいいよね~、そこにマスカットのような香りが入ってそれこそちょっとダージリンのような紅茶感もちょいちょい。
甘みもちょうどよくて、続けて含んだ時にあれ?ってことあるじゃないですか。
続けて含んでもしっかり甘さも感じられつつ、しつこくなく飲める程度に酸もある。

いやよかったですよ、相変わらず好きな鍋島ちゃんで。
これならやっぱりいまだにこっちの系のお酒の中でもトップクラスですし。
年に1本2本くらいは飲みたいなと思わせるお酒でした。


ほんとに美味しいです。
最近めっきり華やか系に手が伸びなくてね~秀凰の愛山なんかも買って放置してたんだけどそろそろ開けっかな。
鍋ちゃんがイマイチだったら年末にために貯めた澤屋まつもとコレクションでも解放しようかと思っていましたが。
その必要もなく大変満足いたしました。
田中六五いってもいいけど今日は気分はウイスキーかなあ。
やっぱすこーしは気泡がグラスにつくね。


2日目の裏鍋ちゃん。
うん、今日もいいね。
なにが良いんだろう。
いややっぱ明確なカプではあるんですよ。
18号とか新開発系酵母の、あれですかセレルニン耐性酵母ってんですか。
そのへんが苦手な人には、ちょっとはなにつくフローラルもあるんですが。
一歩抑えられてんのかなあ。
ちょっと穀物っぽいとか、ナッツっぽいニュアンスがあって。
微々たるもんなんでしょうが、それが鍋島っぽく感じさせているような気がします。

あとは中盤からのフィニッシュの流れですね。
最初のとこだけだと、香り甘み系なお酒にありがちなぶよっとした感触へのスタートも感じるけど。
普通のお酒だと、その感覚で50メートルまで行っちゃう。
このお酒は37メートルくらいのとこにマックスが来て、そっからしゅっと溶ける流れ。

でも気持ちファットなのは責めとかあら走りってとこなのかな。
これでレギュラーの山田錦なり雄町の生の甘みが足りてないってことがなきゃ、今でも普通に美味しいお酒として仕上がってると思うけど。
物足りないってことがないのであれば、それらがこれより美味しいってこともないと思うけどね。
たぶんふつーにそっちのが美味いと思うんだけど。

まあでも結構ギリギリな感じっすね、これでも。
カプNG、それこそ生より火入れな人が実はけっこういるってのは知っていはいたんです。
お店とかでも、隣になってそういう話を聞いたりね。
しかし僕もまだ31になったばっかりなんですが、思った以上にカプエチNG方面に進行していてちと不安になります。
いやこのお酒はほんとにいいお酒だと思いますが。




Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2161-181500f3